就職・転職・仕事

ハローワークで就職できない人におすすめな方法を紹介!(・ω・)

hello-work-i-cant-get-a-job-featured-image.jpg

こんにちは!

今回のテーマは、ハローワークに通っていて就職できないで転職活動に苦戦している方に、おすすめな方法の紹介です!

また、中にはハローワークで就職できないということで就職・転職エージェントを利用して就職活動をしている方もいるかもしれません。

でも、それでも就職、あるいは転職できないで困っている人もいると思います。

場合によっては就職・転職エージェントに対して「うざい!」「むかつく!」「自分には合わない」などのような怒りや不満を持っている人もいるかもしれません。

そこで今回の記事ではハローワークで就職できないでいる人、更には就職・転職エージェントを利用しても就職できないで困っている人達に向けて、おすすめな方法を紹介していきたいと思います!

ハローワークで就職できない人におすすめな方法

はじめに知っておいてほしいこと

ハローワークで就職できない人におすすめな方法ですが、冒頭でもワードが出てきましたが、何を隠そう、その方法とは就職・転職エージェントを利用するというものです!

「え?」とか「は?」と思われた方もいると思います。

なぜなら最初に冒頭で

中にはハローワークで就職できないということで就職・転職エージェントを利用して就職活動をしている方もいるかもしれません。

でも、それでも就職、あるいは転職できないで困っている人もいると思います。

場合によっては就職・転職エージェントに対して「うざい!」「むかつく!」「自分には合わない」などのような怒りや不満を持っている人もいるかもしれません。

 

更には就職・転職エージェントを利用しても就職できないで困っている人達に向けて、おすすめな方法を紹介していきたいと思います!

と書いているにもかかわらず再度、就職・転職エージェントを利用する方法をおすすめしようとしているのですから、不可解に思われますよね?

でも決して冗談や冷やかしではありません!

確かに今回の記事で「ハローワークで就職できない人におすすめな方法」とは就職・転職エージェントを利用することなのですが、選んだものが悪かったり、自分に合っていないものを選んでしまうと酷い目に合う場合もあるため、就職・転職エージェントに対して怒りや不満を持っている人もいるのも事実なのです。

また、インターネット上で「就職・転職エージェントやめとけ」「使えない」などのようなネガティブなことを言われていることもあります。

その辺りのことも含めて、今回の記事ではハローワークで就職できない人たちに加えて、就職・転職エージェントを利用しても就職が決まらず、苦戦している人達にも向けて、おすすめな方法を紹介していきます!

 

就職・転職エージェントとは?

就職・転職エージェントを知らない人のために、どういったものなのかの説明を一応しておきます!

就職・転職エージェントとは、就職や転職をしようとしている求職者と、採用を考えている企業の間に入って、就職や転職成功を支援するサービスです。

就職・転職エージェント以外にも「転職サイト」や「求人サイト」と呼ばれているものもありますが、それらは主に求職者が自分で求人案内を閲覧し、独自で就職活動をするタイプになります。

それに対して就職・転職エージェントは求職者から要望を聞き、アドバイザーの方が代わりに適した企業を探し出し、仕事を紹介してくれるのです。

「エージェント」は日本語で「代理人」の意味であり、本人に代わって取引、契約などなす者であります。

また、ハローワークとも少し違い、ただ仕事の紹介をするだけではなく、エージェントの方が企業を訪問し、どんな人材を求めているかを採用担当者から伺います。

そうした上で求職者とマッチングする企業を紹介してくれます!

更に優秀な就職・転職エージェントではブラック企業、離職者が多い企業、せっかく紹介した求職者を粗末に扱う企業などをリストから排除したり、就職した後のアフターフォローも充実しているものもあります!

それに転職のノウハウに長けているキャリアアドバイザーが、求職者の転職活動をサポートしてくれ、履歴書・職務経歴書の書き方をアドバイスしてくれたり、面接対策を行ってもらえる所が多いです!

中には就職するために必要なスキルを身に付けるために学習カリキュラムが組み込まれている所や、書類選考なしで応募できるようにしている所も一部あります。

そして気になる利用手数料ですが、就職・転職エージェントの多くは内定企業側が支払うビジネスモデルであるため、求職者側は無料で利用できるところがほとんどです!
(中には求職者側も手数料を払う場合や、出世払い式な場合もあります)

有名なところですと「リクルートエージェント」や「doda」「マイナビエージェント」などが挙げられます。

これらはYahoo!の求人数ランキングでも、よく上位にランクインしているので名前くらいはご存知な方が多いかなと思います。

yahoo-job-agent.png

ですが、有名なところ、最大手なところ、求人数が多いところが必ずしも良いとは限らないため、きちんと自分に合った就職・転職エージェントを選ばなければ意味がなく、場合によっては逆効果になってしまうケースもあります。

就職・転職エージェントを実際に利用したことのある人の中には、酷い目に合った人もいると思います。

特に某転職エージェントを利用した方なんかは…。

 

自分に合った就職・転職エージェントを選ばなければ意味がない

ほとんどの就職・転職エージェントが無料で利用できる上に、求職者が内定を決められるよう履歴書・職務経歴書の書き方や面接対策を行ってくれるわけなのですが、中には利益や企業側の要望を優先しすぎてしまい、求職者に対して酷い対応をとる場合があり、就職・転職エージェントに対して「うざい!」「むかつく!」などのような怒りや不満を持っている人もいるのが事実です…。

また、自分に合っていない就職・転職エージェントを選んでしまっても似たようなことが起きてしまい、散々な目に合うケースがあります。

例えば、今まで社会人経験が無く、アルバイトやフリーターばかりをしてきた20代後半くらいの未経験者が30代~40代くらいのハイクラス・経験者向けな就職・転職エージェントを利用してしまうと、アルバイト・フリーターの方を就職させるためのノウハウが乏しいため、成功しない可能性が高いのです。

それとオールマイティ過ぎて、これと言って特化したものが無い就職・転職エージェントも場合によっては、あまりおすすめではありません。

社会人経験が無い人、アルバイト、フリーターなどのような人が本気で就職したいと思うのならば、『第二新卒AGENTneo』とか『UZUZ』のような既卒/アルバイト/フリーター/ニートなどに特化した就職・転職エージェントを選ばないとなかなか成功しないのです。

そのため就職・転職エージェントなら何でも良いというわけではなく、きちんと就職活動のサポートをしてくれ、尚且つ自分に合った就職・転職エージェントを選ばなければ意味がありません。

特に「有名だから」「求人数が多いから」などのような安易な理由だけで就職・転職エージェントを選んでしまった人は大抵、失敗しますし、「就職・転職エージェントやめとけ」「使えない」などのように思われてしまう要因にも繋がります。

 

ハローワークで就職できない人へおすすめな就職・転職エージェントを利用するメリット

就職・転職エージェントのメリット

ここでハローワークや求人サイトなどと比較した場合、就職・転職エージェントを利用することにどのようなメリットがあるのかを説明していきます!

おすすめするからには当然、多数のメリットがあります!

就職・転職エージェントを利用するメリットとして、主に以下のような要素があります!

  1. 無料で利用できるところがほとんど
  2. 企業探しや日程調整、条件交渉などを代行してくれる
  3. 企業の内部情報が事前に入手できる
  4. 非公開の求人情報が集まっている
  5. 転職に関わることなら何でも相談できる
  6. 履歴書や職務経歴書などの書類の作成が簡単に済む
    あるいは「書類選考なし」で応募できるものもある
  7. 面接の合格率が高くなる
  8. 学習カリキュラムが用意されているものもある

 

①無料で利用できるところがほとんど

就職・転職エージェントはハローワークと同じように、求職者側は無料で利用できるところがほとんどであることが挙げられます。
(一部有料なものや、出世払い式なものもあります)

そのサービスは、プロのアドバイザーによる「キャリア相談」「求人の紹介」「面接のセッティング」「履歴書や職務経歴書の作成指導・添削」「面接対策」「内定後の条件交渉」などを行ってくれます。

就職・転職エージェントによっては「スキルを身に付けるための学習カリキュラムが用意されているもの」「就職後のアフターフォローも行ってくれるもの」「上京をする際の家探しもサポートしてもらえるもの」「ブラック企業をリストから排除しているもの」などもあり、色々なサポートを行ってくれる

肝心の手数料は、採用が決まった際の内定企業先から成功報酬として支払われているため、求職者側はほとんど無料で利用できるのです。

 

②企業探しや日程調整、条件交渉などを代行してくれる

自分で就職活動をする場合、すべての段取りを自分一人でやらなければならないため、多くの時間や労力を費やします。

就職・転職エージェントは、それらを代理で行ってくれるため、時間や労力を節約できます!

最初にキャリアアドバイザーと面談をし、自分の要望や条件を伝えることで、マッチングする仕事を紹介してくれます。

企業とのやりとり、面接日などのスケジュール管理、自分からは切り出しづらい条件交渉などを代理で行ってくれます!

 

③企業の内部情報が得られる

就職・転職エージェントのキャリアアドバイザーは採用担当者から、どんな人材が欲しいかなどのような情報を聞き、マッチングする求職者を紹介するのが役目であります!

ですので求人票や企業のWEBサイトには掲載されていないような内部情報を把握しています!

そういった有意義な情報を入手しているため、企業選びや面接対策に役立ちますし、就職後のミスマッチも減らせます!

求人案内や企業のWEBサイトばかりから情報を得るのではなく、企業の採用担当者から直接、本音や貴重な情報を入手できた方が、より確実なのです!

 

④非公開の求人情報が集まっている

就職・転職エージェントでは、ハローワークや通常の求人サイトなどで一般公開されている求人案内のほかに、「非公開求人」というものがあったり、その就職・転職エージェントでしか応募することができない「独占求人」というのも扱っている場合があります。

あえて一般公開しない理由としては、条件の良い求人ですと応募者が殺到しすぎてしまい、選抜するのが困難になってしまうため、あえて非公開求人にし、信頼のある就職・転職エージェントにだけ公開することで優秀な人、あるいは企業とマッチングしている人に応募してもらえるようにするためです!

いい加減な人ばかりが大量に応募し、殺到されると、採用担当者も迷惑なのです。

 

⑤就職・転職に関わることを相談できる

就職・転職エージェントの担当アドバイザーは、求職者と企業をマッチングさせるだけではなく、就職や転職に関わることを色々と相談できます。

個人で就職活動をする場合、企業を訪問する時の服装や注意点などで、分からないことがあったらインターネットや参考書などで調べたりすることが多いでしょうが、そういった場合でもアドバイザーに聞くことができますし、より確かなアドバイスを貰うことができます!

また、同職種で再就職をするべきか、それとも別の職種に転職するべきか、今の自分でも転職は可能なのか、前職のスキルを活かせる仕事はあるのか、今の仕事を続けながらでも就活できるかなど、色々な疑問や悩みに対して客観的なアドバイスをもらうことができます!

それに就活が予想外に長引いてしまったり、なかなか内定がもらえずシリアスな状態に陥ってしまった時でも相談にのってもらえたり、支えになってくれます!

 

⑥履歴書や職務経歴書などの書類の作成が簡単に済む、あるいは「書類選考なし」で応募できるものもある

個人で応募する場合、1社ごとに履歴書・職務経歴書を作成して応募するため手間がかかります。

近年ではパソコンで作成し、印刷したものが使えるところがほとんどであるため、ベースとなるデータを作っておけば、ある程度は使い回すことも可能です。

それでも、応募する企業ごとに微調整する必要があり、ある程度の手間が発生してしまいます。

それに履歴書・職務経歴書に何を書けば良いのか分からなかったり、そもそも書ける内容がなくてお困りの方も多いと思います。

特に自分のアピールポイントが分からない方、学歴や資格が乏しい方、前職を短期間で退職してしまった方、高校や大学を中退してしまった方、病気や怪我でしばらく休んでいた方、ニートの方などは書き方に悩みますよね?

就職・転職エージェントを利用すれば各々に合った書き方を指導してくれ、一度作ったベースを基に、企業ごとにどんな書類にすればいいのかアドバイスしてくれますので、書類審査が通りやすい書類を簡単に作成することができます。

さらに、『就職shop』のような一部の就職・転職エージェントでは「書類選考なし」で応募できるシステムを採用しているものもあるので、書類作成が苦手な方や、書類選考が通らなくて苦戦している方などにとっては有効だと思います!

 

⑦面接の合格率が高くなる

就職・転職エージェントでは、面接前に面接対策を行ってくれるところが多いです。

企業の採用担当者の注目点や、過去の合格者・不合格者の傾向などを把握した上で面接対策を行ってくれますので、個人でやるより、きちんとしたノウハウがあるアドバイザーから面接指導を受けながら対策した方が非常に効率が良く、合格できる可能性が高くなります!

特に以下のような悩みを抱えていて、面接でどう説明したら良いか分からない人なんかは、アドバイザーの方に相談し、上手い言い回し方を一緒に考えてもらうと良いでしょう!

↓↓↓

  • アピールできることが乏しい人
  • 前職を辞めた理由をポジティブに説明できない人
  • 長いフリーターやニート期間からの就職で、その期間についてポジティブに説明できない人
  • その他、複雑な事情を抱えていて、その事についてポジティブに説明できない人

 

⑧学習カリキュラムが用意されているものもある

転職する際に、未経験の状態で別の職種に転職を考えている場合、経験者と比べると不利になることが多いです。

例え「未経験者OK」「研修制度あり」とされている求人案内であっても、経験者やスキル・資格などを持っている人達の方が優遇されることには変わりありません。

完全にゼロの状態からスタートするよりも、多少なりともスキル・知識・資格などを持った状態からスタートできた方が企業側もラクなのであります。

そこで就職・転職エージェントによっては入社前から少しでもスキルを身に付けられるよう学習カリキュラムが用意されているタイプのものもあります!

例えば『GEEK JOBキャンプ』というITエンジニア系の未経験からの転職に強いエージェントがあります!

このサービスでは通常のプログラミング学習サービスに加え、就職・転職までを一貫してサポートする体制を構築してます!

これによって少しでも有利な状態で就職活動を行うことができるのです!

それに入社前から仕事に必要なスキルを学ぶことはアピールポイントにもなりますので、面接などで

今、就職するために資格試験の勉強か何かしていますか?

というような質問に対しても受け答えができる材料になります!

この質問に対して

「いえ…特に何もしていません…。」

と答えてしまうのと

『GEEK JOBキャンプ』というエージェントでプログラミングを学びながら就職活動をしています!」

と答えられるのとでは大きな差が発生します!

 

就職・転職エージェントを選ぶ時のポイント

ここで就職・転職エージェントを選ぶ時のポイントを説明していきます!

先ほど説明したように、自分に合った就職・転職エージェントを選ぶこと、それから良質なエージェントを選ぶということが重要なポイントであります!

それに加え、以下のような要素があるものですと尚良しです!

  • なるべく親身になって相談にのってくれる
  • 手厚いサポートをしてもらえる
  • ブラック企業をリストから排除している
  • 学習カリキュラムが用意されている
  • 就職後のアフターフォローも行ってもらえる

就職・転職エージェントの中には評判の悪いものも実はあり、ハズレなものを選んでしまわないようにしなければなりません…。

フリーターやニートからの就職ならば、フリーターやニートに強いエージェントを。

ITやシステムエンジニア系に転職しようと考えているのならば、ITやシステムエンジニア系の転職に強いエージェントを。

工場・製造業に転職しようと考えているのならば工場・製造業に特化したものを選んだ方が効率が良く、就職しやすいのです!

あとは、店舗まで来店ができるかという問題もあるかもしれませんが、最近では新型コロナウイルスの関係で、オンライン面談を実施している所も増えていますので、遠方から来店しなければならない人なんかは、ある意味、好都合かもしれません。

先ほどもお伝えしましたが「有名だから」「求人数が多いから」などのような安易な理由だけで選んでしまうと多くの人は失敗し、「就職・転職エージェントむかつく!」「うざい!」「使えない!」などのような怒りや不満を持つことになるのです…。

 

就職・転職エージェントへ怒りや不満を持っている人へ

就職エージェントや転職エージェントを利用しても、なかなか内定が貰えず、就職できないで思い悩んでいる人もいると思います。

原因はいくつかあるのですが、よくある原因は主に3つあります。

  1. 就職エージェントや転職エージェントのアドバイザーが力不足なパターン
  2. 就職エージェントや転職エージェントが利用者(求職者)に合っていないパターン
  3. 利用者本人に原因があるパターン

 

①アドバイザーが力不足なパターン

就職や転職のプロであるアドバイザーですが、彼らも人間であり完璧ではありません。

また、アドバイザーの方々もボランティアで活動しているわけではないため、利益を出すことと、企業側のことも考慮しなければならないため、板挟み状態になっている場合があります。

そのため、必ずしも求職者の期待に添えないことがあります。

この場合、担当のアドバイザーを別の人に変えてもらうという方法もあるのですが、まず自分に合っているエージェントを利用しているかどうか考えてみましょう。

就職や転職のプロであるアドバイザーと言えども、得意分野ではない人を相手にアドバイスするのは正直しんどいでしょうし、お互いにデメリットしか発生しません…。

また、アドバイザーを変えてもらえない場合や別のアドバイザーに変えてもらっても解決されない場合も、今利用しているエージェントを別な物に変えることをおすすめします。

 

②エージェントが利用者(求職者)に合っていないパターン

これまで幾度も「自分に合った就職・転職エージェントを選ぶことが重要」とお伝えしてきました。

就職や転職のプロであるアドバイザーと言えども、得意分野ではない人を相手にアドバイスするのは正直、苦痛であり、お互いにデメリットしか発生しません…。

就職・転職エージェントは複数個登録し、掛け持ちしても問題はないので、今利用しているエージェントが自分に合わないかもと感じたら、試しに別のエージェントを利用してみて比較すると良いかもしれません。

 

③利用者本人に原因があるパターン

求職者と企業をマッチングさせることが役目である就職・転職エージェントですが、いくらアドバイザーが一方的に頑張っても、求職者本人の意識が低すぎたり、受け身になりすぎてしまうと成功しません。

この場合は、いくら担当のアドバイザーを交換したり、エージェントそのものを別のものに変えても根本的な解決策にはなりません。

あくまでアドバイザーはサポーターであり、メインは求職者本人であります!

どんなにアドバイザーが優秀でも、メインである求職者本人の就職意欲が低すぎる場合は、自分自身を鍛えなおさなければなりません。

また、逆に高望みしすぎてしまう事も注意です。

いくら優秀なアドバイザーが担当しても、明らかに採用基準を満たしていない人や、スキルが乏しすぎる人などを競争率の高い企業に合格させるのは困難なのです。

 

ハローワークで就職できない人におすすめなエージェントやサイトなどを紹介した記事

今回の記事では就職・転職エージェントのメリットや選ぶ時のポイントなどを説明しましたが、具体的にどんなエージェントがおすすめなのかについては一部しか例に挙げませんでした。

その辺は別記事にて紹介していますので、よろしければ、別記事の方も参考にしてみて下さい!

第二新卒/フリーター/既卒/中退/高卒/中卒/早期離職者などにおすすめな記事

 

 

 

 

自動車整備士から転職を考えている方におすすめな記事

 

工場・製造業へ転職を考えている方におすすめな記事