就職・転職・仕事

リクルートエージェント受からない ひどい うざい 冷たい時の対策方法!

recruit-agent-terrible-featured-image.jpg

こんにちは!

今回は転職エージェント業界の最大手である「リクルートエージェント」を利用しても受からない、もっと言えばひどい目に合い、別の転職エージェントや転職サイトをお探しの方に向けてブログを書きました!

というのも、実は「リクルートエージェントがひどい うざい 冷たい 受からない」という悪い評判が多いのです…。

「どの転職エージョンが良いのかな?」と考えた時

「業界最大手だからリクルートエージェントが無難かも」

「よくネットとかで紹介されているからリクルートエージェントが良いかな」

「リクルートエージェントに登録しておけば安心でしょ!」

と思う人が多いようですが、いざリクルートエージェントを使ってみたら思いのほかひどい目にあい「もう電話や面談をしたくない・受からない・すぐ退会した・門前払いされた・自分には合わない」という人が割と多いのが実態のようです。

そこで今回は本当にリクルートエージェントはひどいのか?

それと後半では、実際にリクルートエージェントでひどい目に合い、別の転職エージェントや転職サイトをお探しの方に、おすすめなものを紹介していきます!

「本当にリクルートエージェントはひどいのか?」なんて、どうでもいいから、早く別の転職エージェントや転職サイトを知りたいという方は、目次から「リクルートエージェント以外でおすすめな転職エージェントや転職サイト」まで飛んで下さい。

目 次
  1. リクルートエージェントは本当にひどいのか?
  2. リクルートエージェントのひどい要素
  3. リクルートエージェント以外でおすすめな転職エージェントや転職サイト(年齢などユーザー属性で選ぶ)
  4. リクルートエージェント以外でおすすめな転職エージェントや転職サイト(職種で選ぶ)
  5. リクルートエージェント以外でおすすめなオールマイティな転職エージェントや転職サイト
  6. その他、企業の情報をサーチできるサービス 
  7. リクルートエージェントがひどい件のまとめ

リクルートエージェントは本当にひどいのか?

リクルートエージェントの評判

リクルート社が運営するリクルートエージェントは、知名度や求人数の多さでは国内でNo1です。

CMや広告でもよく見かけることがありますし、他の人の転職ブログでもリクルートエージェントをおすすめしている紹介ブログは沢山あると思います。

リクルートエージェントは転職エージェントの中で定番中の定番になっていると言っても過言ではないと思います。

では本当に、そんな転職エージェントの定番でもあるリクルートエージェントがひどいのか?

そこでGoogleを使って「リクルートエージェント ひどい」と検索をかけてみました。

すると「他のキーワード」の覧に

  • リクルートエージェント うざい
  • リクルートエージェント 冷たい
  • リクルートエージェント 退会
  • リクルートエージェント 厳しい

などのようなネガティブなキーワード候補がたくさんで出できます。

recruit-agent-terrible-google.png

この「他のキーワード」に表示される項目というのは、検索されることが多いキーワードであることを意味します。

検索される頻度が多いということは、それだけ多くの人がリクルートエージェントでひどい目にあったり、不快な思いをした経験がある可能性が高いと言っても過言ではないと思います。

また、検索需要を調べるためのGoogleのツールで「キーワードプランナー」というものがあります。

そのキーワードプランナーで、実際にどれくらい「リクルートエージェント ひどい」と検索されているかを調べてみると月間平均検索ボリュームに「1000~1万」と出てきます。

recruit-agent-terrible-google-keyword-planner.png

「1000~1万」と幅がありますが、月に平均でこれだけ「リクルートエージェント ひどい」と検索されていることがわかります。

 

リクルートエージェントがひどいと言われる理由

リクルートエージェントがひどい、冷たいと言われる理由で、よく耳にするのが以下の通りです。

  1. 強引な求人のゴリ押し
  2. 希望している内容と紹介される求人が全然マッチしていない
  3. 強引に大量に応募させようとしてくる
  4. 言うこと聞かないとサービス打ち切るぞ!と見捨てられたり説教される
  5. しつこく電話がかかってくる

知名度や求人数の多さでは国内でNo1を誇るリクルートエージェント…。

「求人数が多い」ということは「選択肢が多い」「転職のチャンスが多い」ということを意味するかもしれません。

ですが、逆を返すと求人数が多いことは「不評な企業やブラック企業を排除していない」「質の高い企業を選抜していない」ことを意味している場合もあります。

あるいは求人数が豊富にあることを利用して、手当たり次第に応募をさせられるかもしれません。

僕は今まで色々な転職エージェントや転職サイトを紹介してきましたが、質の高い転職エージェントや転職サイトは大抵、早期離職者が多い企業やブラック企業をリストから排除するなどの処置をしているため、求人数がそこまで多くない場合があります。

絶対的な求人数の多さよりも「きめ細かなサービス」と「厳選された企業の求人」を重視する傾向にあるのです。

リクルートエージェントが酷いと言われてしまうくらいゴリ押しや冷たい塩対応をする理由は、仲介手数料を「求職者」からではなく「内定先の企業」から貰うビジネスモデルであることです。

リクルートエージェントに限ったことではないのですが、転職エージェントは決してボランティア活動で行っているわけではなく、ハローワークのように国の税金にて運営しているわけでもありません。

転職エージェントは求職者を企業に紹介し、企業が求職者を採用した暁に、その内定企業先から成果報酬を貰うというビジネスモデルで運営しているため、求職者は無料にて利用することができるシステムになっています。

金額的には企業によって異なりますが、だいたい内定者に通知されている年収の30%~35%くらいになります。

仮に年収300万円という条件で求職者を採用したら90万円くらい、年収1000万円という条件で求職者を採用したら300万円くらいという高額な手数料を報酬として企業は転職エージェントに支払うことになります。

1人につき90万円~300万円くらいもの売上が出るので、酷いことをしてでも内定を決めさせようとする場合があります。

「一人一人、親身になって神対応をしていたら利用者数が多くてキャパオーバーしてしまう」

といった考え方が強く、酷いと言われてしまう冷たい塩対応をしたり、見捨てられたりする場合があるのです。

 

リクルートエージェントのひどい要素

強引に応募するようゴリ押ししてくる

リクルートエージェントに登録すると後に

「キャリア面談をしたいのですが、ご都合はいかがでしょうか」

「弊社のオフィスまでお越しいただくか、お電話でも対応可能です」

といった感じの連絡がきます。

そして、いざ面談が始まり、しばらくすると

「転職活動は、あなたが思っている以上に厳しいものなのです。

書類が通る確率は10%もあれば良い方です。

だから、どんどん応募していかないと受からないのです。」

といった感じの上から目線な冷たい対応が始まります。

そして大量の求人を持ってきて今すぐ応募するように煽り行為が起きます。

こちらの要望はほぼ無視で、ちゃんとした企業の説明もなしにいきなり大量の求人を持ってこられても、いまいちピンとこないですよね?

転職エージェントや転職サイト、ハローワークのような転職支援サービスを利用するのが初めてな方だと

「こんなものなのかな…?」

「書類が通る確率が10%しかないなら…」

と、しぶしぶ言われる通りにするかもしれません。

その後、言われるがままに多数の企業に応募すると、何が何でも面接に行くよう煽られたり、言うこと聞かないとサービス打ち切るぞ」と見捨てられたりする場合もあります。

また、他で内定が決まり、リクルートエージェントで紹介された企業からの内定を辞退しようとすると

「なぜ、せっかく内定をもらえたのに辞退するんですか?」

「こんなチャンスめったにないですよ!」

など、あくまで自分の都合ばかりをゴリ押しするような酷い行為が起こる場合もあります。

アドバイザーによってバラつきはあるでしょうし、必ずしも、その限りではないでしょうが、こういった酷い扱いや、冷たい塩対応をされたという人は多いようです。

 

要望と紹介される求人が全然マッチしていない

普通ならば希望の業種、場所、給与、年間休日、交通手段など色々な要望をもとにして求人を紹介するはずです。

ですが、こちらの要望と全然マッチしていない求人を紹介される場合もあります。

例えば、希望の勤務地を「東京」や「首都圏」としているのに滋賀県の求人を紹介されたり。

僕のような過去に自動車整備士の仕事をしていたけど、もう二度と自動車整備士はやりたくないという人に、自動車整備士の求人を紹介してくる場合があります。

リクルートエージェントの担当者からしたら、ノルマと売上が目的であるため、手っ取り早く内定をもらえそうな企業を紹介してくる場合があります。

ひどい時はブラックばかり紹介してくる場合もあります。

また「もう電話や面談をしたくない」と思い面談をキャンセルしたり、放置していても、しつこく電話がかかってきます。

「転職」というのは人生を左右する重要なものです。

焦らずに、自分のペースで転職活動をする、ネームバリューではなく自分に合った転職エージェントや転職サイトを利用する。

こういったことを実践した方が、よっぽど効率よく内定を勝ち取り、成功する確率は高くなると思います。

 

思い切ってリクルートエージェント以外の就職支援サービスを利用してみる

求人数の多さなどから、業界最大手の転職エージェントとされているリクルートエージェントですが、ぶっちゃけた話、求人数の多さなんて、そこまで重要ではないのです。

どんなに求人数が多くても、結局は就職するところは1つです。

第一希望の企業に受からなかった時のことを考えると、ある程度の求人数の豊富さも必要かもしれませんが「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」と言わんばかり、とにかく多数の企業に応募させられたり、ゴリ押しされるのは非常に苦痛ですし、うんざりですよね?

こういった方法は希望する企業に合格しにくい上に、ブラック企業や早期離職者が多い企業に当たってしまうリスクが多くなるので個人的にはおすすめしません。

「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」作戦も1つの手ではありますが、もっと確実に受かりやすい方法で就職支援を行ってもらえるエージェントやスクールなどを利用することをおすすめします!

リクルートエージェントのような求人数がとにかく多い反面、これといって特化したものがない、広くて浅すぎるものではなく、もっと得意分野を兼ね揃えたものや、もっと親身になって対応してもらえるものが良いのです!

例えば「20代・フリーター・ニート・既卒・中退・高卒・中卒・早期離職」など、いわゆる「第二新卒」と言われている人達は、第二新卒の就職・転職を得意としているエージェントや支援サイトなどを利用した方が合格率が高くなる上に、自分の希望している企業へ確実に就職できる可能性がアップするのです!

「プログラマーになりたい」といった具合に、なりたい職種が決まっているのならばプログラマー・SE(システムエンジニア)・ITエンジニア系の仕事に特化したエージェントや支援サイト、あるいはプログラミングスクールを利用した方が確実です!

特に最近では、プログラミング学習だけではなく、転職エージェントのように就職活動のサポートも行ってもらえるプログラミングスクールが増えてきましたし、無料で利用できるもの、学割やキャッシュバックキャンペーンがあり格安で利用できるスクールもあるため、利用する価値はかなり高いです!

ということで、これからリクルートエージェント以外でおすすめな転職エージェントや転職サイト、スクールなどを紹介していきます!

 

リクルートエージェント以外でおすすめな転職エージェントや転職サイト(年齢などユーザー属性で選ぶ)

第二新卒・10代~20代におすすめ「第二新卒エージェントneo」

「第二新卒エージェントneo」は、第二新卒/フリーター/既卒/中退/高卒/中卒/早期離職/ニートなどに強い転職エージェントであります!

※画像をクリックすれば公式サイトへ移行できます

↓↓↓

第二新卒エージェントneoは「日本マーケティングリサーチ機構調べ」にて

  • 10代・20代の選ぶ就職転職満足度No.1
  • オススメしたいエージェントNo.1
  • 就職転職相談しやすさNo.1

に選ばれている転職エージェントであり、ブラック企業の排除もしています!

daini-agent-neo01.jpg

daini-agent-neo02.png

引用元:第二新卒エージェントneo公式サイト

第二新卒、フリーター、既卒、中退、高卒、中卒、早期離職、ニートなどを学歴不問で就業支援をしてくれます!

daini-agent-neo03.png

引用元:第二新卒エージェントneo公式サイト

1人あたり平均8時間の手厚いサポート、企業担当による面談対策、幅広い求人数!

スピード感のある就職活動支援にも対応で、最短3日で内定獲得の事例もあります!

さらには内定後、入社後のサポートもしてもらえます!

相談場所は東京本社、名古屋支社、大阪支社、福岡支社の計4ヶ所となっていますが、これら4ヶ所以外にお住いの方や、直接の面談が難しい場合にはWeb上でのカウンセリングも可能ですので、先ずはお気軽に無料相談してみて下さい!

↓↓↓

 

30代・40代におすすめグローバル・外資系・ハイクラスの転職「Samurai Job」

30代・40代を中心に、課長・マネージャークラスから部長・役員クラスまで管理職・技術職/専門職に強い転職支援サービス「Samurai Job」です!

現在年収700万以上の転職希望者におすすめです!

薦めたい転職エージェントNo.1として、ハイクラスの転職に強みを持つJACリクルートメント社(東証一部上場)が共同運営しています!

※画像をクリックすれば公式サイトに移行します

↓↓↓

【サービス/商品の強み】

  • 海外案件・外資系企業に強い
    →40年以上、英国を起点とした11カ国において日系企業の海外進出をサポート
    海外駐在などの海外転職から、バイリンガルポジションまで様々なニーズに対応
  • ハイクラス転職 × ハイクラスエージェント
    →さらなる高みを目指す方向けに、業界トップクラスのエージェントをアサイン
    高年収ポジションに特化した転職コンサルティングサービスを提供
  • グローバル・外資系・ハイクラス求人多数 約20,000件(独占求人有り)
    →引実績企業数30,000社超、国内大手・グローバル企業・外資系企業の中から転職希望者に最適なハイクラス求人をご提案

日本で30年の転職支援実績をもつ東証一部上場の転職エージェントJACリクルートメントとの共同運営サイトのため、ハイクオリティの転職支援サービスを提供します!

さらに詳しい情報やサービスのお申し込みは以下のリンクから公式サイトにてお願いします。

↓↓↓

>>>Samurai Job公式サイト

 

障害者に特化した転職支援サービス「dodaチャレンジ」

dodaチャレンジは、dodaブランドの中の障がい者向けに特化した転職支援サービスです。

※画像をクリックすれば公式サイトへ移行できます

↓↓↓



dodaチャレンジは障害のある方の転職支援実績No.1(厚生労働省「人材サービス総合サイト」における無期雇用および4ヶ月以上の有期雇用総計人数(2018~2020年度))

障害者の就職・転職専門エージェント20thであり、大手・優良、外資系、ニッチトップ企業まで幅広い求人ラインナップをご用意しています。



障害の種類も「身体・精神・知的」と幅広くサポートしてもらえます!

転職成功への第一歩は、専任のキャリアアドバイザーによるカウンセリング(面談)にありますので、是非とも積極的にキャリアカウンセリングを活用することをおすすめします!

一人ひとりの状況に合わせた転職活動をサポートします。

※身体障害者手帳・療育手帳・愛の手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方、または申請中の方が対象となります

詳細についてはdodaチャレンジ公式サイトから無料キャリアカウンセリング面談にて相談してみて下さい!

↓↓↓

>>>dodaチャレンジ公式サイト

 

リクルートエージェント以外でおすすめな転職エージェントや転職サイト(職種で選ぶ)

ITエンジニア・SE・プログラマーにおすすめ「GEEK JOB スピード転職コース」

GEEK JOB(ギークジョブ)スピード転職コースは、就職支援にて就職した企業より成功報酬を頂いているため、プログラミングスクールが紹介する企業に就職すればセミナー参加者は無料で利用できます!

「学びかた」を改革し、自ら学び自らサービスを創り出す人を増やすをミッションにプログラミング学習や転職・就職支援、エンジニアの育成を行なっています!

↓↓↓

※画像をクリックすれば公式サイトに移行できます

主に異業種からITエンジニアとして就職を目指す転職者のための就職支援サービスであり、未経験の状態からITエンジニアになりたいという方におすすめであります!

  • IT業界以外ではたらいており、ITエンジニアへ転職を考えている
  • すぐに就職したい
  • 無料でプログラミングを学習し就職したい
  • 手に職をつけたい(自分の価値を確実に上げたい)
  • 安定して働きたい
  • とにかくエンジニアとして働きたい
  • 現場で学びながら成長したい
  • 就職支援をしっかりしてほしい

といった方々におすすめな転職支援サービスであります!

従来の転職エージェントのように、ただ求人紹介をするだけではなく、プログラミングを学習し、スキルを身に付けられるため、完全に未経験の状態よりも採用されやすくなります!

また就職後も、完全に知識ゼロの状態よりも幸先の良いスタートを切ることができるのです!

ただしターゲット層は年齢19歳~28歳、就職希望エリアが1都3県の方になります。

有料版の『プレミアム転職コース』の方ならば年齢が30歳を超えていても参加が可能となっています!

スピード転職コースの詳細や、無料カウンセリングの申し込みはGEEK JOBスピード転職コースの公式サイトをご覧下さい!

↓↓↓

※GEEK JOBでは「コロナ対策」として2020年4月7日より、体験会や通学(セミナー受講)をオンラインで実施する体制が完備されました!

GEEK JOBのWeb上には通学するとの記載がありますが、今後はオンラインでの面談・セミナー受講となりますので安心してご応募ください!

他にも資格取得制度があるプログラミングスクール、有料だけど学割やキャッシュバックキャンペーンがあり激安で利用できるプログラミングスクール、早期離職者が少ない企業を紹介してもらえる転職エージェントなど、色々な就職支援サービスを知りたいという方は以下の記事も参考にしてみて下さい!

↓↓↓

 

工場・製造業に特化した転職サイト「工場求人ナビ」

日総工産株式会社が運営する「工場求人ナビ」は、その名の通り工場業務・製造業・倉庫作業などの求人に特化しています!

工場・製造業・倉庫作業と言えば、陰キャ/コミュ障/根暗/人見知りな人達におすすめな仕事として、よく挙げられる職業ですね!

この「工場求人ナビ」は未経験者・初心者でも働きやすい環境が整っていることや、簡単な適性テストを行いマッチングしそうな仕事を紹介して貰えること、寮付きの仕事もあるなどのメリットがあります!

※画像をクリックすれば公式サイトに移行します

↓↓↓

単に仕事を紹介するだけではなく、専用コーディネーターが求職者の要望や適性に合った仕事を探してくれます!

また、就職後は各工場に「サポートスタッフ」がいまして、就任後もきちんとアフターフォローしてもらえるため未経験者・初心者な陰キャでも安心して働けます!

陰キャ/コミュ障/根暗/人見知りな人の中には、なんとか就職が決まったとしても、就任後うまくやっていけるか不安な方も多いことでしょう。

わからないことがあっても積極的に質問できない、挙動不審になってしまう、新しい環境に馴染める自信がない…。

そんな人たちでも安心して仕事ができるよう、各工場にサポートスタッフが用意されています!

トヨタ自動車やホンダ、デンソー、ブリヂストンなど、自動車関係の大手メーカーも多く取り揃えられています!

factory-job-navi-manufacturer.jpg

引用元:工場求人ナビ公式サイト

工場求人ナビに掲載されている求人情報は、「派遣」「請負契約」「紹介予定派遣」「メーカー直接雇用」の4つのカテゴリーに分かれており、ご自身に合った雇用形態のものを選ぶと良いと思います!

factory-Job-navi-employment-form.png

引用元:工場求人ナビ公式サイト

正社員求人もありますが

「いきなり正社員はハードルが高そうだから、まずは準社員や契約社員が良い」

「ある程度、仕事に慣れてから正社員応募したい」

という方にも対応しています!

雇用形態については少々ややこしい部分もあると思いますので、詳細については工場求人ナビの公式サイトにて確認するか、お問い合わせ、あるいは登録会に出席して相談してみるのが良いと思います!

↓↓↓

※法律により、18歳未満の方については、時間外及び休日の労働・午後10時以降の深夜労働は、原則として認められていません。
よって、日総工産の採用基準は18歳以上とさせていただいております。

 

飲食系の転職エージェントランキングで3冠獲得「Foods Labo」

飲食業界の転職支援を行っている「Foods Labo(フーズラボ)です!

↓↓↓

※画像をクリックすれば公式サイトに移行します

この業界では圧倒的に成長してシェアを伸ばしている、飲食業界の転職に特化したエージェントであり、飲食系転職エージェントランキングで3冠を獲得しています!

【転職エージェントランキングで3冠獲得】

  • 飲食店スタッフが選ぶ転職エージェント 第1位
  • 飲食業界転職エージェント支持率 第1位
  • 飲食業界転職エージェント満足度 第1位

飲食業界特化の転職支援サービスとして年間約3,000名以上の実績があり、非公開求人、優良企業の求人を揃えています!

【Foods Laboが選ばれる3つの理由】

  1. コロナ禍でも成長意欲の高い優良求人を紹介!
  2. 業界特化だから出来るリアルな求人情報!
  3. 専属のキャリアアドバイザーが親身に担当!

飲食業界というと、新型コロナウイルスの影響で、かなり厳しい状況が続いているご時世ですが、Foods Laboではコロナ禍で苦戦を強いられながらも成長意欲の高い優良企業や、コロナ明けの需要アップに備え今から人材を育成しアフターコロナ対策をしている企業の求人を紹介します!

早速利用してみたいという方、求人例を知りたいという方、入社までの流れを知りたいという方などはFoods Labo公式サイトをご覧ください!

↓↓↓

 

リクルートエージェント以外でおすすめなオールマイティな転職エージェントや転職サイト

ここまでは、ある特定の分野に特化しているものを紹介してきましたが「自分に合ったものが無かった」「やっぱりオールマイテなものが良い」「年齢などの縛りがあって利用できない」といった方に向けて、オールマイテで無難なものを紹介していきます!

20代~30代向けオールマイティな総合型「マイナビAGENT」

幅広くオールマイティな総合型の転職エージェントである「マイナビAGENT」

総合型の転職エージェントの中では20代~30代、第二新卒に強い転職エージェントになります!

求人を閲覧できるだけの転職サイトと異なり、業界職種に精通したキャリアアドバイザーからの転職活動アドバイスや転職ノウハウなどの情報提供を受けられるサービスです。

マイナビAGENTの3つのメリット

  1. 関東・関西・東海の主要エリアの求人を網羅!
    ベンチャーから大手まで優良企業の求人が豊富!
  2. 20~30代に転職サポートに強い!人事&採用担当との太いパイプ
  3. 応募書類の準備から面接対策まで、親身な転職サポート

「IT・Webエンジニア」「営業職」「ものづくり・メーカー」「販売・サービス」「金融業界」「MR・メディカル」「管理部門」「クリエイティブ職」「不動産・建設業界」など幅広いジャンルがあり、有名な大手企業も取り揃えられています!

第二新卒に強く、尚且つ求人数の多さやジャンルの幅広さも求めるならマイナビAGENTがおすすめです!

mynavi-agent-sprite_company_logo.png

引用元:マイナビAGENT公式サイト

賢く転職するなら求人情報豊富な【マイナビエージェント】へご登録を!

専任のキャリアコンサルタントが転職活動をしっかりサポートしてくれるから、書類選考通過率・面接突破力が違います!

↓↓↓

>>>マイナビエージェント公式サイト

 

年齢層も求人も幅広い総合型の転職エージェント「doda」

年齢的にも求人内容的にも幅広く扱ってる総合型の転職エージェント「doda」です!

dodaは次のような不安や悩みをお持ちの方に最適なサービスです!

  • 転職サイトで自分にあった求人が見つからない。
  • 自身の経験が活かせる仕事の見つけ方が分からない。
  • 転職をしたいけど、何から始めていいか分からない。
  • 履歴書・職務経歴書の書き方が分からない。

dodaのサービスを活用することで、これらの不安や悩みを解決し、転職活動をスムーズに進めることができます!

【dodaサービス2つの特徴】

①希望にあった求人のご紹介
dodaが取り扱っている求人のうち、80%以上がサイト上には公開されていない非公開求人です!
自分では見つけられなかった求人もdodaのサービスに登録することで見つけることができます!

②転職のプロたちによる「転職活動サポート」
転職のプロが企業へのエントリー、選考結果のお知らせ、面接日程の調整など内定までをトータルサポートいたします。
また、必要に応じてキャリアカウンセリングを実施することもあります。
分からないことを転職のプロに相談できるため、転職活動が不安な方でも安心して転職活動を進めることができます。

<転職活動サポート詳細>
■応募書類のアドバイス
人事担当者をひきつける履歴書・職務経歴書を書くための秘訣をアドバイスします!

■応募書類だけでは伝わらない人柄や志向を企業に伝え、選考通過を後押し
履歴書・職務経歴書だけでは伝わらない、人柄や志向、考え方など、転職希望者の方の優れた特性を、推薦状や推薦時のメールにまとめ、履歴書・職務経歴書に添えて企業に応募します!

■面接前後のきめ細かいフォロー
DODAでは面接で本来の自分を最大限にアピールするためのノウハウを転職のプロが直接アドバイスします!

doda公式サイトにて無料登録すると非公開求人などの詳細が確認できます!

↓↓↓

転職成功の秘訣は【非公開求人】にあった!/DODAエージェントサービス

 

その他、企業の情報をサーチできるサービス 

経験者からリアルな情報が聞けるおすすめなオンライン社員訪問サービス「careena / キャリーナ」

転職やキャリア形成のために、興味のある職種や企業の働き方やリアルな情報を、経験者や一般社員の方などから通話やメッセージなどで直接、話を聞くことができるオンライン社員訪問サービス「careena / キャリーナ(旧称 CREEDO / クリード)」です!

このサービスは転職エージェントや転職支援サイトのように求人案内を閲覧したり、コンサルタントの方から情報を聞くのではなく、実際に企業にお勤めの社員の方から通話などでリアルな情報を入手することができるシステムです!

企業や業界を研究する際に役立ちますので、転職エージェントや転職支援サイトなどと合わせて利用してみると、より自分に合った仕事選びが確実になると思います!

登録は無料ですが、Facebookのアカウントが必要になります。

↓↓↓

>>>キャリーナ(旧称 CREEDO)はこちら

 

リクルートエージェントがひどい件のまとめ

今回はリクルートエージェントがひどい、評判が悪い件についてブログを書きました。

リクルートエージェント全ての担当者がひどいというわけではないのでしょうし、最大手で利用者数も一番多い故に、その分悪い評判が多いというのもあると思います。

しかし、それにしてもひどい事例や、悪い評判が多すぎる傾向にあるのでは?と思います。

「転職」というのは人生を左右する重要なものです。

焦らずに、自分のペースで転職活動をする、ネームバリューではなく自分に合った転職エージェントや転職サイトを利用する。

こういったことを実践した方が、よっぽど効率よく内定を勝ち取り、成功する確率は高くなると思います。

今回の記事が、求職者のお役に立てれば幸いです!