就職・転職・仕事

転職上京で親が反対した時に説得する方法!ミヤコチケットで効率アップ!

opposition-to-tokyo-parents-icon2.jpg

こんにちは!

今回のテーマは就職・転職して上京したいけど親が反対された時の説得について記事を書いてみました!

転職し、地方から東京に上京したいと親に伝えたら反対された

なんて人は割と多いようです。

親に反対されたからといって上京を諦め、一生地元で暮らすのが正解なのか?

それとも自分の夢のため上京するのが正解か?

どちらも決して間違いではないと思いますが、一度上京をしてしまうと二度と地元に戻ってこられなくなるというわけではありませんので、思い切って上京し、数年したら帰ってくるという方法もアリかなと思います!

そこでネックになるのが親を説得する方法ですね?

理由は様々でしょうが、よくあるケースとしては

  1. 資金的な理由
  2. 無事に仕事が見つかるのか心配
  3. 上京後の一人暮らしが心配
  4. 将来の老後の介護問題
  5. 子供がいなくなるのが寂しい

などが挙げられます!

親を説得するポイントとなるのが上記の①~⑤の不安要素を取り除けるような説得が必要になります!

今回は就職・転職し上京するにあたり、親を説得する方法の例をいくつか紹介していきたいと思います!

転職上京で親が反対した時に説得する方法①~③

就職・転職上京支援サービスを利用する

冒頭で説明しました親が上京を反対する理由①~⑤のうち、①~③についてです。

突然ではありますが「MIYAKO TICKET(ミヤコチケット)」という上京転職支援サービスがあることをご存知でしょうか?

この「MIYAKO TICKET(ミヤコチケット)」は地方から就職・転職上京をしたいという人と支援する転職エージェントになります!

※親を説得してもらえるサービスというわけではありません

「転居初期費用が最大0円になる!?」が売りのミヤコチケットは仕事探し、履歴書・職務経歴書の作成、面接対策などのサポートを無料でしてくれる上に、家探しや上京する際の転居初期費用も一部負担してもらえる、あるいは社宅付きの会社を紹介してもらえる心強い就職・転職支援サービスであります!

主なエリアは東京都になり、東京以外ですと埼玉県、千葉県、神奈川県、その他になります!

未経験歓迎、学歴不問の求人も多く取り揃えられていて中卒・高卒の方やアルバイト経験しかない方でも正社員になれる可能性を多く秘めています!

しかも上京後の相談も受けてもらえるというアフターフォロー付き!

ちなみに手数料は内定先の企業から成果報酬を貰って運営しているため、求職者は無料にて利用することができます!

詳細に関してはミヤコチケットの公式サイトをご覧になっていただけると参考になるかと思います!

↓↓↓

このミヤコチケットは親を説得してもらえるサービスというわけではないのですが、このサービスを利用し、就活をすれば冒頭で説明しました親が反対する理由5つのうちの①~③までは不安要素を軽減させることができますので、利用してみる価値は充分にあるかと思います!

ただ単に「上京したい!」の一点張りじゃ親は納得してくれないでしょうし、

「まだまだ考えが甘い」

「所詮まだ子供だ」

などと思われてしまうのが落ちです。

それに感情の押し付け合いは何の解決にもなりません・・・。

「上京したい」という夢を実現できそうな材料をしっかりと用意し、不安要素を軽減させるだけでも説得力が大きく変わってきます!

①資金的な理由で親が反対する

「①資金的な理由」についてですが、上京には家賃や引っ越し費用など色々とお金が必要となります。

※東京の家賃・初期費用の相場は、家賃10万円程度で初期費用が20~40万円程です。

上京費用の全てを自己負担でやろうとすると、なかなかの出費になってしまいますので、せめて転居初期費用だけでも支援してもらったり、社宅付きの会社に就職する方が効率的と言えます!

ミヤコチケットでは、上京の際の転居初期費用の一部を支援してもらえたり、社宅付きの会社を紹介してもらうことができます!

家探しは勤務先にあわせて適切な住居を紹介してもらうことができます!

②無事に仕事が見つかるのか心配

ミヤコチケットでは「未経験歓迎」「学歴不問」の正社員求人が多数あり、保有求人数は3000件以上!

職歴がない方や、中卒・高卒でも上京して正社員になりたいと思っている方をサポートしてくれます!

実際に上京して初めて正社員になった方は1000名以上という実績もあり、採用のプロが履歴書・職務経歴書の作成から面接までしっかりサポートしてくれます!

具体的な求人案内はミヤコチケット登録者でしか見ることができませんので、少しでも上京したいと思うのであれば、まずは無料相談をしてみても良いと思います!

また、少々ゴリ押しになるかもしれませんが、思い切って内定を決めてしまってから親を説得するという手もアリかもしれませんね!

「東京に上京したい!」

ではなくて

「東京に就職が決まったから上京する!」

の方が親を納得しやすいと言えるでしょう。

③上京後の一人暮らしが心配

上京後は慣れない環境でなにかと不便をすることもあるでしょうし、近くに頼れる人も少ないことでしょうが、ミヤコチケットではサポート後も相談にのってくれる心強い上京支援サービスです!

いずれにしても、まずは無料相談をする所から始めてみて、具体的にどうするか考えてみると行動に移しやすくなるかと思います!

大まかな求人例・職種例などはミヤコチケット公式サイトに公開されていますが、具体的にどんな求人があるかなどはミヤコチケットの登録者でないと見ることができませんし、自分の希望に沿った案件があるかどうか担当者と相談して色々とアドバイスを頂いた方が、親を説得する際に有効かと思います!

着々と就職や上京の準備がスムーズに決まっていけば、親の心配や不安も軽くなることでしょう。

もちろん「自分には合わないな」と感じた場合は辞退することも可能です!

求人内容や家探しなどの詳細、お問い合わせ、無料相談などはミヤコチケットの公式サイトをご覧下さい!

↓↓↓

 

転職上京で親が反対した時に説得する方法④~⑤

④将来の老後の介護問題

将来の老後の介護問題で反対されてしまっているなら期限を設けて説得すると良いと思います!

「◯年くらい東京で働いて、何歳くらいになったら帰ってくる」

「〇年くらい東京で働いて経験を積んだら地元付近に帰ってきて再就職する」

といった流れが良いのではと思います!

東京で経験を積んでスキルを身に付けた後に帰ってくれば、再就職もしやすいかもしれませんし、場合によっては独立して起業するという選択肢もアリでしょう。

また、家業を継ぐことになった場合でも、東京で得たノウハウが意外な所で役に立つ可能性だってあることでしょう!

⑤子供がいなくなるのが寂しい

親が寂しいとうったえる場合は、上京しても小まめに連絡を取り合ったり、定期的に帰省することを伝えましょう!

例えば

  • 定期的に電話やLINEなどで連絡をする
  • 半年に1回は帰省する
  • 〇年間上京してみてうまくいかなかったら地元に戻ってくる

などを提案してみると良いと思います!

最近は親もパソコン、スマホ、タブレットなどを持っている人も多くなってきています!

連絡手段は電話だけではなく、ビデオチャットなどで顔を画面に映しながら会話することもできる時代です!

とくにコロナ禍であるこのご時世では、オンライン上でコミュニケーションを図るのがリスクも少なく、帰省するための交通費も節約できます!

 

あわせて読んでもらいたいMIYAKO TICKET(ミヤコチケット)に関する記事!

当記事以外にもミヤコチケットに関する紹介記事をいくつか用意しておりますので、もっとミヤコチケットについて知りたい方は、あわせてご覧になってみて下さい!

↓↓↓

 

 

 

 

 

 

まとめ・所感

今回は就職・転職で上京したいけど、親に反対された際の説得に関する例をいくつか紹介しました!

上京を応援してくれる家庭もあるかもしれませんが、必ずしもその限りではない場合もあるでしょう。

家族と離れて暮らすことは決してノーリスクなことではないため、しっかりと下準備をする必要があり、それによって状況が成功するか失敗するかも変わってくることでしょう。

そういった意味もこめて、当記事で紹介させてもらった就職・転職上京支援サービスのミヤコチケットを活用することは、かなり有効な手段かと思います!

もし「これは使えるかも?」と思った方、興味が湧いた方は是非、活用してみて下さい!