天体・星

柏市 手賀沼 星空スポット 穴場な手賀の丘公園の紹介

こんにちは!

前回は千葉県柏市・手賀沼にある「道の駅しょうなん」近辺を基準に星空が綺麗に見える穴場なスポット紹介をしました。

前回の記事はコチラをご覧ください!
↓↓↓
柏市 手賀沼 星空スポットの紹介 穴場な道の駅しょうなん

一言に「手賀沼」といっても、そこそこ範囲が広く、星空を観察できる場所も多数あります。

そこで当記事では前回の「道の駅しょうなん」に続き、手賀沼周遊エリアの「手賀の丘公園」を基準にして紹介していきたいと思います。

柏市・手賀沼周遊の星空スポット”手賀の丘公園”

手賀の丘公園について

tega-no-oka-park.jpg

手賀沼は千葉県北西部の「柏市」「我孫子市」「白井市」「印西市」にまたがる湖沼で、「手賀の丘公園」は手賀沼周遊エリアにある公園で、前回の記事で紹介した「柏・道の駅しょうなん」から5kmほど離れた場所にあります。

kashiwa-teganooka-park-map.png

野球場、テニスコート、多目的広場、ゲートボール場、アスレチックパークといったレジャー施設があり、アスレチックパークの「恐竜すべり台」は、ちょっとしたマスコットキャラクターっぽくなっています。

さらにはバーベキュー場やキャンプ場もあるので、星空の観察だけでなくアウトドア全般を楽しみむことができます!

最寄り駅からは少し遠い場所にあり、東京駅からは電車とバスを使って約1時間40分ほどかかります。

基本的には車で行くのが無難な場所にありますが、車で行かれる場合は常磐自動車道・柏ICから約40分ほどかかります。

無料駐車場やログトイレの設備もあり、少し歩いた所に24時間営業のコンビニもありますので、アウトドア初心者の方にもオススメです!

公園の多くは自然を残したまま作られていて森林の中に施設があり、市街地から離れた場所にあるので夜は暗く、星空を観察するには、なかなか条件が良いです!

手賀の丘公園の詳細情報

施設名・住所
  • 手賀の丘公園(てがのおかこうえん)
  • 〒270-1453 千葉県柏市片山275

>>>詳しい地図で見る

車でアクセス
  • 常磐自動車道・柏ICから約40分

 

電車・バスでアクセス
  • JR「柏」駅東口より東武バス「手賀の丘公園」行き「手賀の丘公園(終点)」下車 徒歩約4分

 

駐車場
  • 普通車料金:無料
  • 収納台数
    第1駐車場(テニスコート前)一般用53台、身体障害者用1台
    第2駐車場(ゲートボール場横)一般用191台
    第3駐車場(バス折り返し場横)一般用40台
    ※第1駐車場、第2駐車場は曜日や時間帯によって閉鎖されます。

 

柏市・手賀沼周遊 手賀の丘公園の穴場

手賀の丘公園・展望台

柏市・手賀沼周遊エリアの「手賀の丘公園」を穴場な星空スポットとして紹介していますが、実際に行ってみると森林の中にキャンプ場やアスレチックパーク、野外ステージなどがある公園となっています。

kashiwa-teganooka-athletic-park.jpg

完全に森林に囲まれているため、ほとんどの場所で空がよく見えません。

では、どこで星空が見られるかと言いますと、1つは公園内の北側(手賀沼側)にある「展望台」になります。

teganookakoen-viewing-platform-map.jpg

引用元:流山市・生活情報サイト

手賀の丘公園には以前、北西側の「展望台」と、北東側の「大展望台」の2つの絶景スポットがありました。

以前はトリデのような展望台があったのですが、今では廃止されています。

【展望台(北西側)】

teganookakoen-viewing-platform.jpg

引用元:itot・手賀の丘公園・柏市エリアガイド

 

【大展望台(北東側)】

teganookakoen-large-viewing-platform.jpg

引用元:流山市・生活情報サイト

トリデのような展望台は撤去され、今では更地になってしまっていますが、北西側の展望台があった場所は今でも割と景色が綺麗に見渡すことができます。

また、椅子やテーブルもあります。
teganooka-park-viewing-platform01.jpg teganooka-park-viewing-platform02.jpg
トリデのような展望台が無くなってしまったので、以前ほど高い所から見渡すことはできなくなりましたが、展望台としての機能は今でも健在です!

手賀沼のサイクリングロードから見ると、こんな感じです!

↓↓↓

teganooka-park-viewing-platform03.jpg  teganooka-park-viewing-platform04.jpg

1つ補足することとしては、この展望台は北側(手賀沼側)の方を向いていて、南側は森林となっています。

そのため南側の星や星座を観察することができず、北側の星空をメインに眺めることになりますのでカシオペア座や北斗七星のような北の空の星座や星列、りゅう座流星群・しぶんぎ座流星群・こぐま座流星群などのような北の空の天体ショーを観察する時に訪れる事をおすすめします!

もっと全体的に星空が見られる場所をご希望でしたら、後半の方で解説します手賀沼沿いのサイクリングロード”手賀沼自然ふれあい緑道”へ行かれることをおすすめします。

ちなみに下の写真は手賀の丘公園の展望台でiPhone Xsにて撮影した星空になります!

【カシオペア座の写真】

kashiwa-teganooka-park-cassiopeia.png

 

【プレアデス星団(すばる星団)の写真】

kashiwa-teganooka-park-pleiades.png

iPhone用の無料カメラアプリ「星撮りカメラくん」にて撮影しました!

高価で本格的なカメラが無くても星空の写真が撮影できてしまう便利な時代なのですね!

無料アプリ「星撮りカメラくん」については別記事にて解説していますので興味がありましたら参考にしてみて下さい!
↓↓↓
iPhoneで星空が撮影できる無料アプリ!

ちなみに北東側にあった大展望台の方は、今ではテントを張るキャンプ場として使われている上に、高台に上らないと木々が邪魔であまり見晴らしが良くありません。

teganooka-park-large-viewing-platform01.jpg teganooka-park-large-viewing-platform02.jpg

キャンプ場利用者がいなければ更地になっていて自由に行き来することはできますが、利用者がいたら行くのはやめましょう。

しだれ桜エリア

少々わかりにくい所にあり、マップ上にも特に名前が記載されていないエリアになるのですが、手賀の丘公園内にある「きのこの家(あずまや)」の更に奥の方にある場所に、しだれ桜が植えられていて、ベンチが置かれているエリアがあります。

kashiwa-teganuma-weeping-cherry-tree-map.jpg

先ほど紹介した展望台と比べると、森林に囲まれながらも、ある程度の開放感があるため、光害をシャットアウトしながらも、少し広範囲で星空を観察することができます!

 kashiwa-teganuma-weeping-cherry-tree.jpg

ただし、空の低い位置は森林で隠れてしまっているため、低位置にある天体や星座を観察するには不向きです。

展望台の時と同様に、もっと広範囲で星空が見られることを優先するのでしたら、後半の方で解説します手賀沼沿いのサイクリングロード”手賀沼自然ふれあい緑道”へ行かれることをおすすめします。

手賀の丘公園・野外ステージ

手賀の丘公園内で、もう1つ紹介するのが「野外ステージ」がある広場です。

kashiwa-teganooka-park-outdoor-stage.jpg

森林の中にあるアスレチックパークと同様に周囲は木々に囲まれていますが、広場になっている分、アスレチックパーク内よりは開放感がありますので周りの光害をシャットアウトしながらも、ある程度の空が見えます!

kashiwa-teganooka-park-outdoor-stage-sky.jpg

高度の低い星や星座を観察するには不向きですが、光害をシャットアウトしてくれる森林に囲まれているためシャッタースピードを遅くして星空を撮影する時などには、ちょっとした穴場であります。

kashiwa-teganooka-park-outdoor-stage-starry-sky.jpg

また、近くにログトイレや自販機もあるので便利です!

今までと同じく、もっと開放感のある場所で星空を観察したい場合や、惑星の水星のように低い位置でしか見ることのできない天体を見たい場合は次に解説します「手賀沼沿いのサイクリングロード」の方へ行かれることをおすすめします。

 

柏市・手賀沼のサイクリングロード”手賀沼自然ふれあい緑道”

サイクリングロード”手賀沼自然ふれあい緑道”

手賀の丘公園内よりも開放感のある星空を観察したいという方は手賀沼沿いにあるサイクリングロード”手賀沼沿い自然ふれあい緑道”に行くことをおすすめします!

1.3kmほど歩きますが、手賀沼沿いのサイクリングロード”手賀沼自然ふれあい緑道”では周りに森林や高い建物が、ほとんどないため、広範囲の星空を観察することができます!

また、上記のヤフーマップに印した所に行けば制水弁室の屋上を利用して作られた、ちょっとした展望施設のような物もあり、少し高い位置から手賀沼や星空を眺められるようになっています。

teganuma-cycling-road-little-known-spot01.jpg teganuma-cycling-road-little-known-spot02.jpg

一応、近くに車を駐車できそうなスペースはあるのですが、そこは本来、大型農耕車が転回するための広場になります。

夜なら農耕車が来ないため駐車しても問題なさそうではありますが、なるべく駐車しない方が無難かと思います。

もし車で手賀沼沿いのサイクリングロードまで行って星空を観察したいという方は、この場所よりも東側にある「手賀曙橋(てがあけぼのばし)」の辺りへ行かれることをおすすめします!

手賀曙橋の辺りでしたら無料で利用できる駐車と公衆トイレがあります。

手賀曙橋(てがあけぼのばし)

手賀曙橋は手賀沼と手賀川の境目にある橋であり、サイクリングロード”手賀沼自然ふれあい緑道”の折り返し地点になります。

そこのすぐ近くには無料で利用できる駐車もありますし、公衆トイレもありますので訪れやすいと思います。

teganuma-cycling-road-akebono-bridge.jpg

柏市の中では市街地から、かなり離れている場所であるため、街明かりの影響が少ないです。

正式には「関東農政局手賀沼調整水門」という名前で1868年(慶応4年) に開通された歴史の長い橋であり、富士山からは約132kmほど離れていますが天気が良ければ、そこからダイヤモンド富士が見られることもあります。

 

関東エリアで星空が綺麗に見えるおすすめスポット

手賀の丘公園以外にも東京の都心から遠すぎず比較的、訪れやすい場所も紹介していますので、よろしければご覧くださいm(__)m

東京都のおすすめ星空スポット

千葉県のおすすめ星空スポット

埼玉県のおすすめ星空スポット

茨城県のおすすめ星空スポット

今後も少しずつ、おすすめスポットの紹介記事を追加していこうと思います。
m(__)m

 

まとめ・注意点

今回は千葉県柏市の街外れにある穴場な星空スポット「手賀の丘公園」や、周辺エリアを中心に紹介をしましたが、いかがだったでしょうか?

ここで要点をおさらいしましょう!

柏市・手賀沼の星空スポット要点まとめ
  • 手賀の丘公園内にある展望台や野外ステージのある広場が穴場
  • スポーツ・アスレチックパーク・キャンプなども楽しめる
  • 「光害の少なさ」を求めるなら手賀の丘公園内がおすすめ
  • 「開放感」を求めるなら手賀沼沿いのサイクリングロードがおすすめ

無料駐車場や公衆トイレ、24時間営業のコンビニもあり、穴場な星空スポットかと思います。

特に長時間、星空を眺める場合(特に寒い時期)では、トイレの有り無しは重要なポイントです。

1つ注意する点としては、街外れにあるため、かなり暗い場所であります。

特に手賀の丘公園内は森林に囲まれているため、懐中電灯のような明かりを持参しなければ暗すぎて、ほとんど道が見えません!

場所によっては谷っぽい作りになっている場所もあるため、ライト類を持たずに歩くのは危険です!

公園内に街灯はなく、所々にあるログトイレや自販機が唯一の明かりです。

最悪スマートフォンに付いているライト機能でも、ある程度は道を照らせますが、なるべく明るい懐中電灯やペンライト、ランタンなどを持参しましょう!

街外れの、あまり目立たない場所あるため、少々分かりにくいかもしれませんが、そういった要因のおかげで穴場な星空スポットになっていると思います。

星空観察だけでなく野球・テニス・ゲートボール・アスレチックパーク・恐竜すべり台・バーベキュー・キャンプなどにも興味がある方は是非、足を運んでみて下さい!