就職・転職・仕事

第二新卒の転職!自己PRや履歴書の書き方が〇〇で解決できる!

job-change-second-new-graduate-self-promotion-resume-featured-image.jpg

こんにちは!

今回のテーマは10代~20代がメインである第二新卒の転職です!

転職の時、自己PRや履歴書・職務経歴書の書き方について悩みますよね?

そんな悩ましい自己PRや履歴書・職務経歴書の書き方ですが

「〇〇を利用すれば効率的に解決でき、内定を勝ち取ることができる可能性が格段にアップする」

というものであります!

インターネットで調べてみたり、参考書で調べて対策するのも良いのですが、こういった方法は年々と通用しなくなってきているので不十分なのであります!

しかし、それよりも〇〇を利用すれば、もっと確実に、もっと効率的に合格への近道ができるのです!

特に最近では新型コロナウイルスの影響もあり、オンライン上にて就職活動をするケースも増えてきているため、一昔前とは合格するためのコツが少し違う場合もあるでしょう。

そこで今回は第二新卒の人をメインに内定を勝ち取るための成功法をお教えします!

 

第二新卒の転職!自己PRや履歴書の書き方について!

まず知っておくべきこと(重要)

当たり前ですが第二新卒での転職で自己PRや履歴書・職務経歴書の書き方は非常に重要です!

ここで合格できそうな自己PRや履歴書・職務経歴書の例文やテンプレートを紹介し、その例文を参考にして就職活動に挑んでいただいても良いのですが、そういった方法は近年どんどん通用しなくなってしまっているため、おすすめしません!

僕の周りでも、この方法を利用して、なかなか内定が貰えない人がいました。

それに冒頭でもお伝えしたように、最近では新型コロナウイルスの影響もあり、一昔前とは合格するためのコツが少し違う場合もあります。

また自己PRの内容は、まず企業がどんな人材を求めているのかを把握した上で決めなければなりません!

そのため当記事では、もっと確実であり、もっと効率的な成功法を紹介します!

その成功法とは実に単純であり、転職のプロであるアドバイザーに教わりながら自己PRの内容や履歴書・職務経歴書の作成を行うのです!

正直この方法が1番手っ取り早い上に確実であり、高確率で内定を勝ち取ることができます!

ただし、アドバイザーだったら誰でも良いというわけではなく、一人一人きちんと親身になってサポートをしてもらえるアドバイザーでなければなりません!

僕自身も今まで数回もの転職を繰り返してきましたが、プロのアドバイザーの手厚いサポートのおかげで、毎回そんなに企業に落とされることなく内定を勝ち取ってきました!

そこで今から第二新卒の人達が企業で自己PRするべきことと、アドバイザーの重要性について解説していきます!

 

第二新卒の人達が企業に自己PRするべきこと

第二新卒の自己PRでは、自分の良いところや強みをPRしていくわけですが、そこに第二新卒ならではのメリットも付け加え、普通の新卒の人達よりもワンランク上のPRをし、自分を売り込んでいくことが重要です!

普通の新卒の人達では学生時代の部活やサークル活動で得たことや、アルバイトなどの経験を元に身に付けた能力などを話すことが多いですが、多少なりとも社会人を経験したことのある第二新卒の場合は違います!

第二新卒の自己PRは前職で得た知識やスキルを語り、入社した暁には、どのように会社に貢献できるのかといった将来的なことをPRします!

前職を退職してからアルバイトやフリーターをしていた期間があるなら、そのことについての説明も付け加えても良いですが、いずれにしても新卒の人達にはない、社会人を経験したことのある人ならではのスキルや知識が求められます!

あまり学生じみたことばかり話してしまうとマイナスイメージを持たれてしまい

「社会人経験で話せることは何もないのか…。」

「それなら新卒の人を雇えばいいや…。」

と思われてしまいます。

新卒の人よりもワンランク上の大人っぽさを出していかなければなりません!

また、それに加えて「応募しようとしている企業が求めている人材はどんな人なのか?」を前もってリサーチして把握しておく必要があります!

どんなに良い自己PRができたとしても、企業が求めている人材とズレがあったら採用されにくくなってしまいます。

とは言ったものの、具体的にどうすれば良いのか、そこが難しいところですよね?

think.jpg

 

企業が求めている人材をリサーチする

企業が求めている人材とは、どんな人なのか?

インターネットなどで調べてみると大抵、以下のようなことが出てくると思います。

  • 腰を据えて働く意思
  • 基本的なビジネスマナー
  • 成長が期待できるポテンシャル
  • やる気、情熱、向上心

決して間違ってはいないでしょうが、企業が求めている人材なんて、その企業によってある程度のバラつきがあります。

そのためインターネット上に出回っているものや参考書に書かれている例文やテンプレートを真似する方法は、おすすめしません!

それにインターネット上や参考書に書かれている例文というのは、不特定多数の人に向けて用意されたものであり、個人個人に専用設計されたものではありません!

あなたがどこの企業に応募するかを、きちんと想定した上で自己PRや履歴書・職務経歴書の書き方を紹介しているわけではないため、インターネット上や参考書に書かれている例文やテンプレートを真似するだけでは不十分なのであります!

それにインターネット上や参考書に書かれているものだけでは、自分自身に当てはめきれないこともあるでしょう。

そこで自己PRの内容や、履歴書や職務経歴書に書く内容は、きちんと応募しようとしている企業に合わせて専用設計し、ワンオフ作成する必要があります!

resume.jpg

 

第二新卒の転職!自己PRや履歴書の書き方は〇〇で解決!

効率よく内定を勝ち取る方法

先ほど自己PRの内容や履歴書・職務経歴書に書くことは応募する企業に合わせて専用設計する必要があると説明しました。

応募しようとしている企業が、どんな人材を求めているのかを事前にリサーチするわけですが、では、具体的にはどうすれば良いか?

方法は実に単純であり企業の採用担当者から直接教えてもらえば良いのです!

インターネットなどで企業がどんな人材を求めているのか調べるよりも、応募しようとしている企業の採用担当者からどんな人材が欲しいのか直接聞いた方が、どう考えても正確ですよね?

そこで転職のプロであるアドバイザーの出番です!

アドバイザーにも色々ありますが、転職エージェントや転職サイトのアドバイザーがおすすめです!

転職エージェントや転職サイトのアドバイザーは、企業の採用担当者から、どんな人材が欲しいのかという情報を入手し、それに見合った人材を紹介するのが仕事です。

転職エージェントや転職サイトを利用すれば仕事探しもセットでできますし、自己PRの内容や履歴書・職務経歴書の書き方も教えてもらえますので効率よく解決できるのです!

ですが、転職エージェントや転職サイトなら何でも良いというわけではなく、なるべく第二新卒に強くて、尚且つ手厚いサポートをしてもらえる転職エージェントや転職サイトを選ぶ必要があります!

場合によっては自身のスキルアップのために、お仕事紹介だけではなく学習カリキュラムも組み込まれているサービスを利用した方が良い時もあります。

この記事を読んで下さっている人の中には、既に転職エージェントを利用し、それでもなかなか内定が勝ち取れないでいる人も多いと思います。

実は転職エージェントに不満や怒りを感じている人って割と多い傾向にあります。

Googleで「転職エージェント むかつく」のようにネガティブなワードで検索をかけると

  • 転職エージェント 説教
  • 転職エージェント 見捨てられる
  • 転職エージェント 嘘つき
  • 転職エージェント 偉そう
  • 転職エージェント 強引
  • 転職エージェント 切られる
  • 転職エージェント 裏事情
  • 転職エージェント 塩対応

などのようなネガティブな関連キーワードが多数、表示されます。

↓↓↓

Job-change-agent-annoyed-google-search.png

この関連キーワードに表示される項目というのは、検索されることが多いキーワードであることを意味します。

検索される頻度が多いということは、割と多くの人が転職エージェントで不快な思いをした経験があるということになります。

そういった不快な思いをしないためにも手厚いサポートをしてもらえる転職エージェントや転職サイトを選ぶ必要があります!

特に最大手の転職エージェント、王道すぎる転職エージェントは利用者数が多すぎる場合があり、一人一人に何時間もかけて手厚いサポートをしている余裕がないため、必ずしも良いとは限りません。

また、あまりにも求人数が豊富な転職エージェントも注意が必要です。

求人数が多く、選択権が多いことは悪いことではないのですが、「求人数が多い」ということは不評な企業やブラック企業を排除していない場合もあるため、必ずしもメリットであるとは限りません。

そのため、転職エージェントや転職サイトなら何でも良いというわけではなく、なるべく第二新卒に強くて、尚且つ手厚いサポートをしてもらえる転職エージェントや転職サイトを選ぶ必要があるのです!

 

〇〇を利用すれば効率的に合格への近道ができる

転職エージェントや転職サイトを利用すれば効率的に自己PRの内容や履歴書・職務経歴書の書き方が解決でき、合格への近道ができます!

もちろん、転職エージェントや転職サイトのアドバイザーに全て任せっきりにするのではなく、ご自身の努力も必要です!

転職エージェントや転職サイトの中には有料なものもありますが、無料で利用できるものも多くあります。

無料といっても、手数料は内定先の企業からしっかり貰っている所がほとんどで、ちゃんと利益は出ていますので、決して怪しいビジネスをしているわけではありません。

その転職エージェントや転職サイトを選ぶポイントですが、なるべく以下のような要素のあるものがおすすめです!

  • 1人あたり数時間もの手厚いサポートをしてもらえる
  • ただ仕事を紹介するだけではなく学習カリキュラムも用意されている
  • 就職後のアフターフォローも用意されている
  • 不評な企業やブラック企業を排除している

例えば、僕がおすすめする転職エージェントの中に「第二新卒エージェントneo」というサービスがあります!

※画像をクリックすれば公式サイトにアクセスできます

↓↓↓

この「第二新卒エージェントneo」は、第二新卒/フリーター/既卒/中退/高卒/中卒/早期離職/ニートなどに強い転職エージェントであり、日本マーケティングリサーチ機構の調べで

  • 10代・20代の選ぶ就職転職満足度No.1
  • オススメしたいエージェントNo.1
  • 就職転職相談しやすさNo.1

に選ばれていて、ブラック企業の排除もしています!

daini-agent-neo01.jpg

daini-agent-neo02.png

引用元:第二新卒エージェントneo公式サイト

第二新卒、フリーター、既卒、中退、高卒、中卒、早期離職などを学歴不問で就業支援をしてくれます!

1人あたり平均8時間の手厚いサポートで企業担当による面談対策を行ってもらえます!

スピード感のある就職活動支援にも対応で、最短3日で内定獲得の事例もあります!

さらには内定後、入社後のサポートもしてもらえます!

サービス利用料も、内定企業先から仲介手数料を貰っているため、求職者は無料で利用することができます!

さらに詳細を知りたい方は公式サイトにてご確認下さい!

※画像をクリックすれば公式サイトにアクセスできます

↓↓↓

 

第二新卒の転職!自己PRや履歴書の書き方のまとめ!

今回は第二新卒の人達が内定を勝ち取るための成功法についての記事でした。

従来ならば、就職試験で内定がもらえそうな自己PR、履歴書、職務経歴書の例文やテンプレートを紹介し、その例文を参考にして就職活動に挑んでいただく所なのですが、そういった方法は近年どんどん通用しなくなってしまっているため、今回はあえて違ったやり方で紹介をしました。

例文やテンプレートをお探しの方には恐縮ではありましたが、正直なところ転職のプロであるアドバイザーに自己PRの内容や履歴書・職務経歴書の書き方を教えてもらいながら作成した方が手っ取り早い上に確実であり、高確率で内定を勝ち取ることができます!

大切なのは企業が求めていることを、自己PRの内容に組み込められるかどうかなのです!

もちろんアドバイザーの方に全て任せっきりにしてしまうのではなく、ご自身の努力も必要です!

今回紹介した転職エージェントの「第二新卒エージェントneo」以外にも、過去のブログで第二新卒向けの転職エージェントや転職サイトを紹介している記事もありますので、興味がありましたらご覧になってみて下さい!

↓↓↓