就職・転職・仕事

ニートから正社員は無理、受からないは嘘!受かる方法を紹介!

こんにちは!

今回の記事では「ニートから正社員は無理、受からないは嘘!受かる方法を紹介」とタイトルにもありますように、正社員への転職は無理、受からないと言われているニートの人達が、効率的に正社員求人に受かる近道を紹介します!

「ニート」というだけで就職活動が不利になり、なかなか内定が決まらないで苦労している方って多いのではないでしょうか?

しかし今の日本は、人手不足が深刻な企業も多く、たとえニートの人と言えども充分に正社員求人に受かることは可能です!

とは言え、何の対策もなしに応募してしまうと受からない場合が多いのも事実です。

そこで今回はニートから正社員になるのは無理、受からないという常識を断つべく、効率的に受かる方法を紹介していきます!

「ニートから正社員は無理」「受からない」は嘘!ニートが受かる方法とは?

ニートに強い転職エージェントを利用する

「ニートから正社員は無理」「受からない」という常識を覆すべく、ニートの人でも正社員求人に受かる方法とは…。

結論から申し上げますと「転職エージェント」を利用するのであります!

ただし、転職エージェントなら何でも良いというわけではなく、ニートから正社員への転職に強い転職エージェントを利用する必要があるのです!

この記事を読んで下さっている方の中には、既に何らかの転職エージェントを利用しているけど、きちんとサポートをしてもらえなかったり、冷たい対応をされたり、数多くの求人に応募するようゴリ押しされたりして、うんざりしている人もいるかもしれません。

「有名だから」「利用者数が多いから」「求人数が多いから」などのような理由だけで転職エージェントを選んではいけません!

ニートならではの弱みや欠点を、しっかり補える転職エージェントでなければ何社も応募しても、正社員求人に受からないという事態が発生してしまいます!

ニートの人を正社員求人に受からせるためのノウハウがない転職エージェントを利用しても、転職エージェント側もなす術(すべ)が無いため、きちんとサポートをしなかったり、冷たい対応をしたり、数多くの求人に手当たり次第に応募するようゴリ押ししたり等、サポートが雑になってしまう場合もあります。

そういった事もあり「ニートの人は転職エージェントを利用しない方が良い」「ニートの人が転職エージェントを利用しても正社員求人に受からない」と言われる場合もありますが、きちんとニートの人を正社員求人に受からせるためのノウハウがある転職エージェントを利用し、手厚いサポートを受け、やるべきことをしっかりやればニートの人でも正社員求人に受かることができる可能性は充分にあります!

そこで今回はニートの人でも正社員求人に合格しやすい、おすすめな転職エージェントの紹介をしていきます!

また、後の「ニートから正社員求人に受かるためには」という項目で、ニートの人が正社員求人に受かるための方法も紹介しますが、その方法を独学にて実行するよりも、転職エージェントのアドバイザーの方の力を借りながら実行した方が効率的でありますし、間違った方法に反れてしまわないようにするという意味もあり、より確実なのです!

 

転職エージェントとは?

転職エージェントとは、転職しようとしている求職者と、採用を考えている企業の間に入って、転職成功を支援するサービスです。

転職のノウハウに長けているキャリアアドバイザーが、求職者の転職活動をサポートします。

ただ仕事の紹介をするだけではなく、履歴書・職務経歴書の書き方をアドバイスしてくれたり、面接対策を行ってもらえる所が多く、中には就職するために必要なスキルを身に付けるために学習カリキュラムが組み込まれているサービスも一部あります。

そして利用手数料は内定企業側が支払うビジネスモデルであるため、求職者側は無料で利用できるところがほとんどです!
(中には求職者側も手数料を払う場合もあります)

有名なところですと「リクルートエージェント」や「doda」「ビズリーチ」などが挙げられます。

ほとんどの転職エージェントが無料で利用できる上に、求職者が内定を決められるよう履歴書・職務経歴書の書き方や面接対策を行ってくれるわけなのですが、転職エージェントなら何でも良いというわけではなく、きちんとニートからの転職に強いエージェントを利用しなければ、なかなかライバル達に勝つことができず、内定が貰えません…。

上記3つのような転職エージェントを利用しても良いのですが、「ニート」が得意分野ではないため、僕がニートから正社員を目指す人達におすすめしている転職エージェントや転職サイトは上記3つ以外のものを紹介しています!

 

ニートから正社員求人に受かるためには

意識の改善

転職活動を行っていく内に、いくら正社員求人に応募しても、なかなか内定が決まらず

『やっぱりニートから正社員なんて無理なんだ…。』

と挫折しそうになるケースもあるでしょう。

しかし、それはニートだから悪いのではなく、就職活動方法がズレている可能性があります。

内定を勝ち取ることにばかり気が先走ってしまい、書類の書き方や面接の受け答えに一貫性が無くなったり、伝えたい内容をきちんと伝えられなくなります。

特にインターネットや書店で売られている参考書などに書かれている例文の真似ばかりしている人なんかは、自分の意志がこもった内容ではないため、そういった事態に陥りやすいです。

対策としては、自身の意識を見直す必要があります。

『具体的に、どう見直せば良いの?』

と疑問に思うでしょうが、結論から言うと自分の考えをきちんとまとめ上げ、その考えを相手にしっかりと冷静に伝えられるようにする事です!

例えば

  • どうして働く必要があるのか
  • どのような仕事なら自分にできるのか?
  • 将来どのような自分になりたいのか?
  • 自分自身のやりたい事は何なのか?

上記をきちんと説明できるのとできないのでは大きな違いが出てきます。

「なんとなく働かなきゃと思ったから」「なんとなくこの仕事は楽そうだから」「給料が良さそうだから」など、こういった感じで就職活動を行っていたとしても、いつまでも内定を勝ち取ることはできません。

まず、自分自身が何をしたいのか、何をするべきなのかをしっかりと考え、意識をきちんと持つ事が重要なのです!

と、口で言うのは簡単ですが、これらが簡単にできれば苦労はないですよね?

具体的にどうすれば「意識の改善」とやらができるのかピンときませんよね?

仮に自分なりに色々とやってみたとしても、そのやり方が正解なのか、ズレてしまっているのか分からないですよね?

結局、何が正しくて何が間違いなのか分からないまま、ダラダラと就職活動を続けていくと「就職活動方法がズレている」という要因に繋がってしまい、何社も応募しても受からないという無限ループに突入してしまいます。

そこで転職エージェントのアドバイザーの出番なのです!

きちんとした就職・転職のノウハウがあるアドバイザーから正しい方法を教わりながら就職活動をすることで、間違った方向にズレてしまわないようにするのです!

 

「書類選考が通らない」は履歴書・職務経歴書に問題がある可能性がある

ニートという立場上、就職活動にて不利になることが多い中、書類選考で苦戦している人も多いと思います。

「書類選考が通らないから、面接まで辿り着けない…。」

このような時は履歴書や職務経歴書の書き方や、書いてある内容が良くない可能性があります!

特に何社も何十社も応募しているのに書類選考すら通らないという場合は可能性大です!

どうしても「ニート」という立場上、不利になってしまう事が多いため、その分、履歴書・職務経歴書は誰よりも万全なものを用意して採用担当者に

『おっ、なんかこの人は凄そうだな!是非とも面接してみたい!』

と思わせるようにしなければ面接まで辿り着けません!

と、これも頭では分かっていても、具体的にどういう書き方をすれば良いのか分かりませんよね?

インターネットなどで出回っている例文や、書店で売られている本の例文などを参考にしたりしても、なかなか内定が決まらないでしょう。

そもそもインターネット上に出回っているものや参考書に書かれている例文やテンプレートを真似する方法は、おすすめしません!

なぜならば、インターネット上や参考書に書かれている例文というのは、不特定多数の人に向けて用意されたものであり、個人個人に専用設計されたものではありません!

あなたがどこの企業に応募するか、あなたがどんな人なのか、どんな経歴や資格をお持ちなのかを、きちんと把握した上で面接で話す内容や履歴書・職務経歴書の書き方の例を紹介しているわけではないため、インターネット上や参考書に書かれている例文やテンプレートを真似するだけでは不十分なのであります!

それにインターネット上や参考書に書かれているものだけでは、自分自身に当てはめきれないこともあるでしょう。

そこで面接で話す内容や、履歴書や職務経歴書に書く内容は、きちんと応募しようとしている企業に合わせて専用設計し、ワンオフ作成する必要があります!

そこでも転職エージェントのアドバイザーの出番であります!

転職エージェントのアドバイザーは履歴書・職務経歴書の書き方を教えてくれたり、少しでも受かれるよう書類添削をし、アドバイスをしてもらえるのです!

これなら文章力のない人でも、かなり完成度の高いものが作成できます!

もっと言えば、転職エージェントによっては書類選考なしで正社員応募ができるシステムを設けているものもあります!

例えば「就職shop」という、株式会社リクルートが運営する既卒・フリーター・ニート向けの就職相談(求人紹介)サービスがあります!

※画像をクリックすれば公式サイトに移行します
↓↓↓

この就職shopはフリーター、ニート、中退、既卒、高卒、第二新卒、社会人経験なしといった、就職が困難な若者(18歳~30歳)を得意とするサービスです!

通常の人材紹介では紹介が難しい若手の就職支援を得意としています!

もちろん30歳以上の方でも利用可能です!

転職shopの強み・メリット

▼メリット1
書類選考なし!
履歴書で落とされることはありません!

▼メリット2
企業は100%取材!
担当者が企業のこと、仕事内容を直接丁寧に取材!
給与や職種のような基本的な情報だけでなく、職場の雰囲気や具体的な働き方など、実際に働く風景が想像できるような情報を集めています!

▼メリット3
幅広い職種での求人!
営業だけでなく、事務や企画、技術系の職種での募集も多数あります!

▼特徴4
4人に3人は正社員未経験!

現在、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、全ての面談をオンライン面談にて実施させて頂いております。

ちなみに店舗は以下の通り首都圏に7ヶ所、関西に3ヶ所となっておりますので、これらの店舗に来店が困難な場合は不向きです…。

find-work-shop.png

引用元:転職shop公式サイト

詳細は転職shop公式サイトにてご確認下さい!

↓↓↓

>>>転職shop公式サイト

もっと詳しく知りたいという方は過去記事の「フリーターで書類選考に通らない人必見!書類選考なしで済む方法!」をご覧ください!

書類選考という障害を省略できるのならば、こんな便利でラクなことは無いですね?

 

『空白期間(ニート期間中)は何をしていたか』という質問にポジティブに答えられるようにする

面接をする際、職歴と職歴の間に空白期間があったり、職歴部分が何も無くて真っ白ですと必ず突っ込まれる質問です!

この質問に対してポジティブに説明できない限り、内定を勝ち取るのは難いでしょう。

この場合の空白期間はきちんと伝えるようにしましょう。

『特に何もしてないしなぁ…。』

と思う方も多いと思いますが、それではダメなのであります!

ベストなのは就職するために勉強や訓練をしていること、資格を取ろうとしていることなどをアピールできれば良いのですが、何にもなければ、普段の日常を掘り下げていき、些細なことでも学んでいることや得ていることをアピールするのです。

それでも本当に何にもアピールできることがなければ、今からでも何か訓練を始めるなり、資格取得にチャレンジすると良いかもしれません。

正社員になり、社会人になるということは、毎日が勉強や訓練をするようなものであるため、就職前からも「学ぶ」という姿勢が身についていなければ

『この人を採用しても、社会の厳しさについていけず、すぐ辞めてしまうのでは?』

と思われてしまいます。

他にも「病気やケガをしていた」「家業を手伝っていた」「家族の介護をしていた」など正当な理由がある場合は、そのことについて説明しましょう!

また、面接で嘘をついてしまうことは良くないですが、馬鹿正直にありのままの事実を全て話しすぎてしまうのも考え物です。

本来ならば、素直にあなたの言葉できちんとアピールすることが望ましいのですが、どうしてもニートをしていると、悪い印象を与えてしまうこともあるでしょう。

かといって嘘をつくのも良くないので、可能な限り美化させた言い回しで説明したり、必ずしも話題に出さなければならないわけではない部分に関しては伏せておくというのもテクニックの1つです!

『そうは言っても、なんて答えたら良いか分からないよ…。』

と思う人がほとんどだと思います。

当然、こんなことインターネットや参考書で調べても、あなた自身にドンピシャで合う例文は見つからないでしょう。

なぜなら、インターネットや参考書に書かれている例文は、あなたのためだけに作成したものではないからです。

どこの誰かも分からない、どんな人なのかすらも分からない人に向けて作成した例文であるため、インターネットや参考書を活用するだけでは、どうしても不十分になってしまうのです。

そこで転職エージェントのアドバイザーの出番であります!

転職エージェントのアドバイザーに相談し、あなた専用の言い回し方をオーダーメイドしてもらうのであります!

転職エージェントのアドバイザーの方に、面接でどう説明したら良いか、下手に口にしない方が良いワードは何かなど、あらかじめ相談しておけば内定を勝ち取ることができる可能がグンと上がるのです!

また、転職エージェントや転職サイトによっては、独自で学習カリキュラムが用意されているものも一部あります!

例えばエンジニア系に特化した転職エージェントで「GEEk JOB」という転職支援サービスがあります。

GEEK JOBは「学びかた」を改革し、自ら学び自らサービスを創り出す人を増やすをミッションにプログラミング学習や転職・就職支援、エンジニアの育成を行なっています。

※画像をクリックすれば公式サイトに移行します
↓↓↓

主に異業種からITエンジニアとして就職を目指す転職者のための就職支援サービスであり、自動車整備士からITエンジニアになりたいという方におすすめであります!

  • IT業界以外ではたらいており、ITエンジニアへ転職を考えている
  • 転職したい・すぐに就職
  • 手に職をつけたい(自分の価値を確実に上げたい)
  • 安定して働きたい
  • とにかくエンジニアとして働きたい
  • 現場で学びながら成長したい
  • 就職支援をしっかりしてほしい

といった方々におすすめな転職支援サービスであります!

従来の転職エージェントのように、ただ求人紹介をするだけではなく、プログラミングを学習し、スキルを身に付けられるため、完全に未経験の状態よりも採用されやすくなります!

ただしターゲット層は年齢19歳~28歳、就職希望エリアが1都3県の方になります。

学習カリキュラムには無料のものと有料のものがあり、有料の方ならば年齢が30歳を超えていても参加が可能となっています!

詳しくはGEEK JOBの公式サイトをご覧下さい!

↓↓↓

>>>GEEK JOB公式サイト

※GEEK JOBでは「コロナ対策」として2020年4月7日より、体験会や通学(セミナー受講)をオンラインで実施する体制が完備されました!

GEEK JOBのような転職エージェントや転職サイトを利用すれば面接の時に

「システムエンジニアになるため、GEEK JOBという転職エージェントでプログラミングの勉強をしています!」

と自信を持って言えるようになるだけではなく、面接で多少なりともプログラミングに関する専門用語を言えるようになりますし、完全にゼロからのスタートではなくなるため入社後もスムーズにいきやすくなるので一石三鳥なのであります!

 

「ニートから正社員は無理」「受からない」を覆す、受かる方法を支援する転職エージェントとは?

ニートの人が利用するべき転職エージェントとは

ニートの場合、他の転職者と比べると社会人としての経験が浅いため、企業側からはあまり良い印象を持たれません。

また、定職につかずにフラフラしているようなネガティブなイメージを持たれます。

中には学歴や職歴、資格、スキル、アピールポイントなどが乏しく、なかなか内定を勝ち取ることができない場合も当然あります。

求人案内の中には

  • 未経験者歓迎
  • 中卒・高卒OK
  • やる気さえあれば大丈夫!

などのような謳い文句で求人募集をしている企業も多く、フリーターの人達にとっては、こういった所をメインに応募することになると思います。

しかし、ここで勘違いをしてはならないのが、決して「未経験者が有利である」あるいは「皆、平等である」という意味ではないということです!

あくまで未経験者の人達にも応募資格があるというだけの話であり、なんだかんだ言って経験者や高学歴者、多数の資格を持っている人達の方が有利であることには変わりありません。

「やる気さえあれば大丈夫」といった謳い文句に関しても、就職してから必死に仕事をしながらも勉強やスキルアップ、資格取得などにも励むという意味の「やる気」であるので、単に「明るさ」や「元気さ」をアピールするだけでは意味合いが違ってしまいます。

逆に言えば「明るさ」や「元気さ」が足りなく、一見やる気があまりなさそうな人でも、就職するにあたり、既に勉強していることや取得しようとしている資格についてをきちんとアピールできれば合格できる場合もあります!

こういった事から「ニート」ならではの弱みや短所をきちんと補ってもらえる転職エージェントや転職サイト、ニートから正社員にした実績が豊富な転職エージェントや転職サイトを選ぶ必要があります!

単純に「人気がある」「皆が利用している」「求人数が多い」だけでは不十分です。

具体的には、以下のような要素のある転職エージェントや転職サイトがおすすめです!

  • 1人あたり数時間もの手厚いサポートをしてもらえる
  • ただ仕事を紹介するだけではなく学習カリキュラムも用意されている
  • 就職後のアフターフォローも用意されている
  • ブラック企業を排除している
  • 学歴不問、無資格・未経験OKな求人が豊富
  • 書類選考なしで応募できる

特に「手厚いサポートをしてもらえる」という部分が重要であるわけですが、あくまでメインは手厚いサポートをするアドバイザーではなくフリーターから正社員になろうとしている求職者であります!

そのため、アドバイザーに任せっきりにするのではなく、こちらも全力で就職活動に励まなければ意味がありません!

場合によってはアドバイザーから厳しいことを言われてしまうこともあるかもしれません。

内定を勝ち取るために何時間も労力を費やすこともあると思いますが、そこはフリーターから正社員になるため努力していきましょう!

 

ニートが正社員求人に受かりやすい転職エージェントの例

例えば「第二新卒エージェントneo」という転職エージェントがあります!

「第二新卒エージェントneo」は、第二新卒/フリーター/既卒/中退/高卒/中卒/早期離職/ニートなどに強い転職エージェントであります!

※画像をクリックすれば公式サイトに移行します
↓↓↓

第二新卒エージェントneoは「日本マーケティングリサーチ機構調べ」にて

  • 10代・20代の選ぶ就職転職満足度No.1
  • オススメしたいエージェントNo.1
  • 就職転職相談しやすさNo.1

に選ばれている転職エージェントであり、ブラック企業の排除もしています!

daini-agent-neo01.jpg

daini-agent-neo02.png

引用元:第二新卒エージェントneo公式サイト

第二新卒、フリーター、既卒、中退、高卒、中卒、早期離職などを学歴不問で就業支援をしてくれます!

1人あたり平均8時間の手厚いサポート、企業担当による面談対策、幅広い求人数!

スピード感のある就職活動支援にも対応で、最短3日で内定獲得の事例もあります!

さらには内定後、入社後のサポートもしてもらえます!

個人的に大変おすすめな転職エージェントではありますが、相談場所が東京本社、名古屋支社、大阪支社、福岡支社の計4ヶ所となっているため、これら4ヶ所に来場不可な方には不向きです…。

公式サイトにて動画による解説もありますので、是非とも公式サイトの方もご覧ください!

↓↓↓

※画像をクリックすれば公式サイトに移行します

 

「書類選考なしで応募ができる」に関しては先ほど例に挙げた「転職shop」という転職エージェント。

「学習カリキュラムも用意されている」に関しては先ほど例に挙げた「GEEK JOB」という転職エージェントになります。

 

ニートが正社員求人に受かりやすい仕事

応募数が少ない、人手不足、需要のある業界が狙い目

人気のある職種はライバルが多く、ニートではない人でも内定を勝ち取るのが困難です。

逆に言えば競争率の低い所を狙えば、例えニート歴が長い人でも内定を勝ち取りやすいわけです。

正社員経験が無かったり、ニート期間が長い人でも狙いやすい職業は以下の通りです。

↓↓↓

  • 介護
  • システムエンジニア・プログラマ
  • トラックドライバー・タクシードライバー
  • 工場・製造業
  • デザイナー

上記のような職種がニートの方でも比較的、受かりやすいとされています。

しかし、いくら受かりやすいとされていても、自分自身に合っていなければ受かりにくいですし、ニートという肩身の狭い立場と言えども、もう少し選択が多い方が嬉しいですよね?

なるべくなら自分に合った適職を見つけたいですよね?

贅沢は言っていられないと分かっていても、ちょっとくらいは「人としての生きる権利」を主張したいですよね?

そこでも転職エージェントのアドバイザーのサポートが重宝します!

転職エージェントによっては簡単な適性テストなどを行い、あなたに合った適職を教えてもらえたり、あなたとマッチングする企業を紹介してもらえたり、要望を聞いてもらえたりします。

さすがに「どんな職種でもOK」というわけにはいかないでしょうけど、例えニートと言えども全てにおいて妥協しなければならないわけではありません!

そのためには、それなりの苦労や努力も必要になるでしょうが、一度しかない人生を少しでも豊かにするため、志を高く持つことも重要です!

過去の記事にニートの方におすすめな転職エージェントや転職サイトをまとめたものがありますので、興味がありましたら、以下のリンクのブログも読んでみて下さい!

↓↓↓

 

IT・システムエンジニア・プログラマ系は未経験OKな求人が多いけれども…。

IT・システムエンジニア・プログラマ系は「未経験OK」「学歴不問」「研修制度あり」という求人が多いため、ニートが正社員求人に受かりやすいとされている職種の1つであります!

しかし、ニートが正社員求人に受かりやすい職種といっても、決してラクな仕事というわけではありません。

「未経験OK」「学歴不問」「研修制度あり」などと書かれていると、これと言って専門的な知識や技術がなくても務まる仕事なのかなと思わせられてしまいますが、そういった意味ではありません。

システムエンジニア、プログラマというくらいなので、当然ながらパソコンの知識、プログラミングの知識、ネットワークやらサーバーやらセキュリティやら色々な知識が必要となります。

プログラミング言語も次から次へと新しいものが出てくるため、「未経験OK」「学歴不問」「研修制度あり」というワードから『誰でも簡単にできそう』と思ってなめていると、すぐに周りから置いていかれてしまいます。

ちなみに、何を隠そう僕自身も、その1人です…。

決してなめていたわけではないのですが、僕自身も過去に「未経験者OK」「学歴不問」「研修制度あり」「やる気さえあれば大丈夫」とされているシステムエンジニアの仕事に就職したことがありますが、即戦力がないが故に早々と見放されてしまい、3ヶ月間という短い期間で退職したという経験があります…。

IT・システムエンジニア・プログラマという業界は即戦力が非常に重視される業界であるため、例え「未経験者OK」「学歴不問」「研修制度あり」とされている企業であったとしても、ゼロからのスタートでは初っ端で出遅れてしまい、うまくいかない場合が多いです。

年齢的にも、なるべく若いうちからでないと厳しいです。

そのため入社前からスキルを身に付けておき、少しでも有利な状態で就活に挑んだ方が内定を勝ち取りやすくなるだけでなく、就職後も上手くいきやすくなります!

そういった意味合いでも、先ほども例に挙げた学習カリキュラムも用意されている「GEEK JOB」のような転職エージェントを利用した方が吉となるのであります!

 

「ニートから正社員は無理、受からないは嘘!受かる方法を紹介!」のまとめ

今回は「ニートから正社員は無理、受からない」という常識を覆すべく、正社員求人に受かるための方法の紹介でした!

極論、下手にノウハウの無い状態で単独で就職活動するよりも、ニートの方が正社員求人に受かるためのノウハウを持っている転職エージェントのアドバイザーから適切なアドバイスをもらいながら就職活動するのです!

もちろん、アドバイザーに全てを任せ、受け身になりすぎてしまうことは禁物ですが、転職エージェントのアドバイザーの言うことを聞き、やるべきことをしっかりやれば、例えニートからの転職でも、正社員求人に受かる可能性は充分にあります!

今回ご紹介した転職エージェント以外にも過去の記事にて、ニートの人におすすめな転職エージェントや転職サイトをまとめたブログがありますので、よろしければ、そちらの方も参考にしてみて下さい!

↓↓↓