就職・転職・仕事

高卒 コミュ障 ニートなど就職できない時におすすめ!難しい・無理と諦めるな!

communication-disorder-i-cant-get-a-job-featured-image.jpg

今回のテーマは「コミュ障・就職できない」です!

特に高卒・中卒で学歴が低い上にコミュ障で、なかなか面接に通らなくて

「就職するのは難しい、無理、もう死ぬしかない…。」

と諦めてしまっている人や、就職活動で詰んでしまっている人。

コミュ障で就職できないからニート生活を送っているけど

「このままじゃいけない!就職しなきゃ!」

と思っている人におすすめな就活方法を紹介します!

もちろん大卒・高学歴だけど、コミュ障で就職活動に苦戦しているという方にもおすすめです!

高卒/コミュ障/ニートなどが就職できない時におすすめな方法!

プロのアドバイザーの力を借りる(大抵は無料)

独自の力だけでは就職が困難なコミュ障な人達…。

ですが決して就職できないわけではありません!

独自の力だけでは就職が困難であるならば、他人の力も借りれば良いのです!

就職支援サービス、就職支援サイト、就職・転職エージェントなどと呼ばれているものを利用し、プロのアドバイザーから就職するためのノウハウを教えてもらったり、インターネット上や求人案内には掲載されていない貴重な情報を教えてもらったりすることで、就職活動を有利に進められるようにするのです!

しかも多くのものは内定先の企業から手数料をガッツリ貰っているなどのビジネスモデルであるため、求職者側は無料で利用できる所が多いので金銭的な心配はせず、とりあえず試しに利用してみる価値は充分あるかと思います!

ただし、いくら無料で利用できるものが多いとは言え、就職支援サービスならどれでも良いというわけではなく、きちんと良質なもの、自分に合ったものを選ばなければ就職できないという状況が続いてしまいます。

就職支援サービスを利用することをおすすめしておきながら恐縮なのですが、実は就職支援サービスには割とアタリ・ハズレがあり、安易な選び方をしてしまうと本当に残念な結果に終わってしまうのです…。

 

就職支援サービスを選ぶ時に気を付けなければならないこと(重要)

就職支援サービス、就職支援サイト、就職・転職エージェントなどと呼ばれているものは、就職・転職のサポートをしてもらえるサービスであるため、就職活動をする際に便利なのですが、きちんと良質なもの、自分に合ったものを選ばなければ就職できないという状況が続いてしまいます。

と言いますのも、安易な選び方をしてしまったがためにハズレを引いてしまい、きちんとサポートをしてもらえなかったり、高圧的な対応をされたり、見捨てられたという人が割といるのです。

例えば、Googleなどで「転職エージェント むかつく」のようなネガティブなキーワードで検索をすると、他にも色々な酷い関連キーワードが候補で多数でてきます。

↓↓↓

Job-change-agent-annoyed-google-search.png

他のキーワードとして出てくるということは、他の人も検索しているキーワードであるので検索数が多いことを意味します。

つまり良質ではない、あるいは自分に合っていない転職エージェントを選んでしまった人達は、けっこうな割合で酷い目にあっていることになります。

無料で利用できるものが多いといっても、決してボランティアで行っているわけではなく、ハローワークのように税金で運営しているわけでもないため、どうしても利益を出すことを優先してしまう場合があります。

特に内定先の企業から手数料をもらっているタイプのビジネスモデルの就職支援サービスは、求職者が内定しないと利益が発生しないため、強引な方法を使ってでも内定させようとしたり、内定できる見込みがない弱者(利益にならない求職者)は見捨ててしまったりなど、酷いことをするケースがあるため、きちんと良質なもの、自分に合ったものを選ばなければならないのです!

また、最大手なものや超定番なものも、利益を出すことを優先しすぎてしまう場合が多いため、「有名だから」「求人数が多いから」「利用者数が多いから」「よくCMで見かけるから」「よくインターネット上でおすすめされているから」のような理由だけで就職支援サービスを選んでしまうことは危険です。

 

就職支援サービスの選び方(重要)

就職支援サービスを選ぶ際、良質なものや、自分に合ったものを選ばなければならないと説明しました。

ここでいう「良質なもの」とは

  • 求職者のために、なるべく一人ひとり親身になって対応してくれる
  • 手厚いサポートをしてもらえる
  • ブラック企業をリストから排除している
  • 就職後のアフターフォローも充実している

などのような要素がある就職支援サービスであります。

そういった意味で「有名である」「利用者数が多い」だけの就職支援サービスは、一人ひとり親身になって対応したり、手厚いサポートなんてしている余裕がないため、あまりおすすめしません。

「求人数が多い」に関しても、きちんとブラック企業や早期退職者が多すぎる企業をリストから排除していない可能性が高いため、必ずしもメリットであるとは限りません。

「自分に合ったもの」については、自分の年齢や状況、希望している職種に強い就職支援サービスを選ぶことです。

例えば、あなたが20代であるのならば20代の若者に強い就職支援サービスを。

ニート・フリーター・中卒・高卒など就職活動で不利になりやすい状況から就職したいなら、これらの人達に強い就職支援サービスを。

具体的にやりたい職種が決まっているのならば、その職種に強い就職支援サービスを選ぶ必要があるのです。

今回のテーマのように「コミュ障」の人でもできる職種の例として”工場・製造業””プログラマー・システムエンジニア系”の仕事があります!

もし工場・製造業の仕事をお探しなら工場・製造業の求人に特化した就職支援サービスを、プログラマー・システムエンジニア系の仕事を希望するならプログラマー・システムエンジニア系の求人に特化した就職支援サービスを選んだ方が就職活動が有利になります!

また、もし未経験の状態から就職するのならば、未経験者OKな求人や、研修制度が充実している企業を多く扱っている就職支援サービスを選ぶ必要があります。

あるいは、就職支援サービス自体にスキルを身に付けられる学習カリキュラムが用意されているものもあり、こういったものを利用することも就職活動を有利にする手段の1つです!

さらに、アピールポイントが乏しく書類選考で苦戦している方のために、書類選考なしで正社員応募ができるものも一部ありますので、最大手なものよりも、少しマイナーなものの方が狙い目なのであります!

具体的におすすめな就職支援サービスについては別記事にて紹介していますので、よろしければ参考にしてみて下さい!

↓↓↓

 

就職できないコミュ障が就職支援サービスを利用するメリット

独自の力だけで就職するのは難しい

コミュ障で就職できないという状況を打破することは、独自の力だけでは困難です。

その上、中卒・高卒・ニートなどネガティブな要素が多いと就職できないで、苦戦している人って割と多いと思います。

中にはコミュ障でもできる職種を調べて就職活動に励んでいる人や、ヤフー知恵袋に相談を持ち掛けたりしている人もいるかもしれませんが、それだけでは内定を貰うのは難しいでしょう。

むしろ、それくらいで解決できるのならば苦労はないかと思います。

独自の力では就職する事が、ほぼ無理な状況になってしまっているのではないかと思います。

この場合、きちんとしたノウハウがある人に支援をしてもらわないと就職することは難しいのです。

そこでおすすめなのが就職支援サービスを利用し、就職・転職のノウハウを持っているアドバイザーに支援してもらう方法というわけなのです!

 

就職できないならノウハウのあるプロに支援してもらう

中卒・高卒で低学歴であったり、ニートから就職することは独自の力だけでは難しいかもしれませんが決して無理ではありません!

「コミュ障の人は就職できない、もう死ぬしかない…」と諦める必要はありません。

そのような人達を無事に就職させるための手段やノウハウがある就職支援サービスを利用すれば、就職できる可能性を高めることができるのです!

コミュニケーション能力が、さほど重要視されない仕事を紹介してくれたり、合格しやすい履歴書・職務経歴書の書き方を伝授してもらえたり、面接対策をしっかり施してもらえれば、内定を勝ち取ることができる可能性が高まります!

一人一人に合わせた自己PR・志望動機を作成したり、人事目線での模擬面接により実践に近い経験を多く積むことで合格率をアップさせるのです!

中には書類選考なしで正社員応募できるものや、簡単な適性診断を行うことで適した仕事を紹介してもらえるものもあります!

というわけで就職のプロであるアドバイザーに支援してもらう方法が確実で効率的なのです!

 

ブラック企業を選んでしまうリスクを減らせる(重要)

いくらコミュ障が原因で、なかなか就職できないとはいえ、できることならブラック企業や、あまりにも早期退職者が多い企業には就職したくないですよね?

仮に就職できたとしても、そんな事になったら直に辞めてしまい、振り出しに戻ってしまいますよね?

就職支援サービスによっては、きちんとブラック企業や早期退職者が多すぎる企業をリストから排除しているものもあります。

ちゃんと良質な就職支援サービスを選べば企業とのミスマッチを減らすことができるのです。

実際に企業を訪問し、離職率・労働時間・社会保険の有無・雇用形態などが問題ないかチェックしている就職支援サービスもあるのです。

 

登録することで優良案件が潜む”非公開求人”を閲覧できる!(重要)

就職支援サービスには、会員登録しないと見ることのできない”非公開求人”というものがある場合が多数あります。

”非公開求人”は、その名の通り一般公開されていない求人であるのですが、この非公開求人こそが狙い目なのであります!

と申しますのも、条件の良い案件というものは当然、応募者が殺到してしまうため、むやみやたらに一般公開しないのです。

自社のホームページやハローワーク、その他色々な求人サイトやタウンワークなどに普通に公開すれば、たちまち応募者が殺到してしまいます。

あまり応募者が多すぎると審査する側も手間がかかります。

それに、優秀な人材ばかりが殺到するぶんにはまだマシなのですが、好条件に目がくらんで、ろくでもない人ばかりが殺到してしまうと、企業としては迷惑なのです。

そのため、条件の良い求人というものは一般公開はぜず、あえて非公開にし、一部の就職支援サービスの会員登録者にしか公開しないシステムなのです。

逆に言えば、非公開求人を扱っている就職支援サービスに会員登録し、アドバイザーの面談を受けたり非公開求人を利用したりすることが、条件の良い求人に巡り会えるチャンスなのであります!

しかも多くの就職支援サービスは、求職者側は無料で利用できる所が多いので、無料登録し積極的に活用していくべきなのであります!

 

コミュ障と、その種類や面接対策について

コミュ障とは?

ご存知の方も多いと思いますが「コミュ障とは何か」についてと「コミュ障の種類」について一応ここで説明します。

コミュ障といっても大きく分けて2パターンあり、そのどちらのパターンかによって克服方法も異なります。

コミュ障とは「コミュニケーション障害」を省略した言葉になります。

しかしコミュニケーション障害と言っても、この場合の「コミュ障」という言葉はSNSなどのようなインターネット上で使用される俗称であり、医学的に疾患と認定されるコミュニケーション障害とは意味合いが少し異なります!

そのため定義が多少あいまいである場合もありますが、基本的には「他人との会話やコミュニケーションが苦手な人」のことを指します!

それとコミュ障には主に「ダウナー系コミュ障」「アッパー系コミュ障」と2種類あり、どちらのタイプのコミュ障かによっては就職活動をしていく上で、対処法が変わってきます。

 

ダウナー系コミュ障

一般的に「コミュ障」と聞いてイメージされるのがこちらのタイプになるかと思います。

人と話すのが苦手、人見知りが激しい、目が合わせられない、自分を主張できない、声が小さい、根暗な感じのタイプになります。

特にグループでの会話で発言ができなかったり、初対面の人と会話する事が苦手である傾向にありますが、仲の良い人や気の許した相手とは、そこそこ会話することができる場合もあります。

主な理由としては、人に対して不安やストレスを抱いていることや、もともと感情が薄い・あるいは感情に左右されることを心理的に嫌うタイプの人間である場合が多いです。

「理系タイプ・文系タイプ」で言うと理系タイプの人や、考えてから行動するタイプの人に多いかなと思います。

また、就職活動にて時々活用されることがある心理学のエニアグラム性格論で言うと、タイプ5、タイプ6の特性が強い人に多く見られます。

※エニアグラム性格論についての解説は今後、追記していく予定ですので、それまでお待ちください。m(_ _)m

ダウナー系コミュ障の場合は元々、明るく元気に話すことが得意ではない場合が多いため、就職試験の面接や採用担当者と会話をする際には、無理に陽気な雰囲気を出そうとするよりも、落ち着いて丁寧に会話をし、大人っぽさ・冷静さ・穏やかさ・知的な雰囲気などを出すようにする方が上手くいきやすいです。

「コミュニケーション能力」と聞くと、なんとなく「話す事」ばかりをイメージしてしまいがちかもしれませんが、実は「話し上手は聞き上手」という、ことわざもあるように、相手の話を丁寧に聞き取り、それに対して落ち着いて上手に回答するというのも大事なのです!

就職支援サービスのアドバイザーの方に、話す事が苦手な人でもできる仕事を紹介してもらったり、面接対策を行ってもらうなどサポートをしてもらうと、より就職活動がラクになります!

 

アッパー系コミュ障

これはダウナー系コミュ障とは逆の意味でコミュニケーションが上手く取れないタイプになります。

アッパー系コミュ障の場合は、喋ること自体は苦手ではなく、むしろよく喋ります!

ですが、自己主張が激しく、人の話よりも自分を優先させてしまうことが多いです。

また、相手の話を聞くことができず、質問されたことに対して的外れな回答をしてしまったり、論点のずれた発言をしたり、支離滅裂なことを言うなどが多く、会話がうまく成立しません。

そういった事からダウナー系コミュ障のタイプとは違った意味で人との関係をうまく築けない傾向にあります。

アッパー系コミュ障の場合、一応よく喋るので自分がコミュ障であるという自覚がないことが多く、一緒に会話をしている周囲の人が、その人のコミュニケーション能力の足りなさに不満を感じるケースが多いです。

「理系タイプ・文系タイプ」で言うと文系タイプの人や、考える前に行動してしまうタイプの人に多いかなと思います。

心理学のエニアグラム性格論で言うと、タイプ3、タイプ8の特性が強い人に多く見られます。

※エニアグラム性格論についての解説は今後、追記していく予定ですので、それまでお待ちください。m(_ _)m

アッパー系コミュ障の場合は元々、明るく元気に話すこと自体は苦手ではないため、就職試験の面接や採用担当者と会話をする際には、陽気な雰囲気を出すことは問題なくできると思います。

ここでも先ほどの「話し上手は聞き上手」ということわざが上手くコミュニケーションを築くためのカギとなります!

とにかく話す事よりも、まず相手の話を聞く事にフォーカスを向けるように心掛けたり、相手を思いやる気持ちを持つようにしたり、自分目線ではなく客観的な話し方ができるように努力すると上手くいきやすいです。

アッパー系コミュ障の場合、自分がコミュ障であるという自覚がないことが多いため、自分では面接や企業の人と会話するのに問題ないと思っていても、案外そうでもないケースも多く、なかなか合格できないでいる人もいると思いますので、ダウナー系コミュ障の人と同様に、就職支援サービスのアドバイザーの人に面接対策をしてもらい、上手くコミュニケーションをとれるようになりましょう。

 

高卒 コミュ障 ニートで就職できない時におすすめな方法のまとめ・所感

今回は、コミュ障が原因で就職できない人に向けて、おすすめな就職方法についてでした。

単調なやり方では、なかなか就職できないのが現実ではありますが、ノウハウのあるプロのアドバイザーから支援してもらい、努力し続ければ例えコミュ障であっても就職することは可能です。

今まで独自の力だけで就職活動していた人や、既に就職支援サービスを利用しているけど、なかなか就職できないという方は以下のリンクにある記事で紹介している就職支援サービスを利用してみて下さい。

無料で利用できるものが多いので、試してみる価値は充分にあると思います。

↓↓↓