就職・転職・仕事

プログラミング言語を独学しプログラマーやSEに就職・転職できるか?

programming-language-self-study-employment-featured-image.jpg

今回はプログラミング言語を独学で学んで、プログラマーやSE(システムエンジニア)などに就職・転職できるのかどうかについてです!

プログラマーやSE(システムエンジニア)って、未経験者OK・学歴不問で募集している求人も多いため、独学でもワンチャン就職・転職できるのでは?と疑問に感じている人もいると思います。

また、プログラミングスクールに通ってプログラミング言語を学ぼうとすると、けっこう高額な学費を取られるため、なるべくお金をかけたくない故に独学でプログラミング言語を学び、就職・転職できないかと考えている人も多いと思います。

今回は、こういった疑問や、無理に独学に拘ることなく無料でプログラミング言語を学べる方法などを、元プログラマー & 自動車整備士である僕がお答えしていこうと思います!

それと、プログラミング初心者におすすめなパソコンの購入を検討している方は別記事『プログラミング初心者におすすめなパソコン!安いのに高性能!29800円~!』も参考にしてみて下さい!

プログラミング言語を独学でもプログラマーやSEに就職・転職する事は可能か?

独学でプログラマーやSEに就職・転職は可能だけれども…。

結論から言いますと、独学でもプログラマーやSEに就職・転職できないことはないですが非常にハードルが高く、難しいのでおすすめしません…。

「未経験者OK・学歴不問」といった求人が多いので

無資格・未経験者・低学歴でもできる!
↓↓↓
誰でも簡単にプログラマーやSEになれる!

と思ってしまう人もいるかもしれませんが、実際は違います。

むしろ日常的に馴染みのない、数学と英語を組み合わせたような言語と、インターネットの知識、パソコンの知識など色々なスキルが求められるため、決して簡単ではありません。

実際、プログラミングを独学している人の約90%近くの人は挫折しているとまで言われているほどですし、とにかく難易度は高いです。

才能のある者や、若い頃からパソコン操作やプログラミング言語に慣れ親しんでいる人なんかは独学でもプログラマーやSEに就職・転職できる可能性はあります。

 

仮に就職できたとしても長続きしない

「未経験者OK・学歴不問」という求人が多いことと、人手不足が深刻化していることから、独学からの応募でも運よく採用される場合もあります。

必死の苦労でなんとか独学で就職できたとしても、本当に大変なのは就職した後なのです…。

これについては才能やセンスで大きく差がでるのですが、年齢が20代後半くらいの人ですと、かなり苦痛な日々が続くと思います。

30歳以上になってくると、才能やセンスがなければ絶望的でしょう。

実は僕自身も過去にプログラマー系の仕事をしていたことがあるのですが、才能がなさすぎた故についていけず、2ヶ月間という短い期間で会社の人達から見放されてしまい、僕自身も挫折してしまい、3ヶ月目で退職してしまった経験があります…。

僕の場合は独学ではなく自動車整備士を退職後、ハローワークの職業訓練校でC言語を少し学んだ状態からの転職でしたがダメでした。

年齢は当時28歳でした。

冒頭で「元プログラマー & 自動車整備士」なんて書いていますが、実はそんな経緯がありまして、そういった自身の経験からもプログラミング言語の独学はおすすめしません。

仮に就職できたとしても、それは決してゴール地点ではなく、プログラマーとしての本当のスタート地点に立ったにしか過ぎないのです。

過去の僕のように短期間で退職してしまったり、独立できるレベルまでプログラミング技術を習得できていなければ成功とは言えません。

 

プログラミング言語を独学して就職・転職することをおすすめしない理由

①独学だと学習が困難・参考書が分かりにくい

1つ目は、学習の面でハードルが高いからです。

プログラマーやSE(システムエンジニア)系の仕事って「未経験者OK・学歴不問」といった求人が多い割には、独学によるスキル習得がすごく難しいです…。

子供の頃からパソコンに慣れ親しんでいたり、学生時代に部活やサークル活動などでプログラミングを使ってゲームやアプリケーションの作成などをしていた人ならば、まだ可能性はあるのですが、完全に未経験・初心者の方であれば、日常生活では見慣れない、数学と英語を組み合わせたような言語や用語が並んでいて、非常に難しいです…。

書店で売られているような参考書を活用して勉強しようとしても、馴染みのない表現や用語が多く、書かれている意味が理解できません…。

programming-language02.png

あと、プログラミング言語に関する参考書って、けっこう高いですし、1冊では足りません。

何冊も買っているうちに、けっこうな出費になります。

programming-reference-book-price.jpg

それにプログラミング言語を勉強する場合、大抵はまず、ご自身のパソコンにプログラミング言語を学習するためのソフトをダウンロードしインストールしていくところから始まるのですが…。

このソフトをダウンロードしインストールする作業、どういうわけだか、参考書に書かれている通りにやるとうまくいかないケースが非常に多いのです…。

初っ端から行き詰ってしまい、そもそも学習を開始することすらできません…。

 

②独学だと就職・転職活動で不利になりやすい

未経験からプログラミング言語を独学してプログラマーやシステムエンジニアへの就職・転職を目指す場合、自分で転職サイトや転職エージェントに登録し、独自で就職活動をする必要があります。

ここで問題なのは、独学でプログラミング言語をかじったような方は採用されにくいのです。

特に、これといってプログラミングに関わる資格や実績がない場合は、かなり厳しいでしょう。

従来ならばプログラミング言語を学べるスクールや専門学校などでスキルを身に付け

「○○スクールでプログラミング言語を学んできました」

「○○専門学校でプログラミング言語を学んできました」

といったアピールをしていきたい所なのですが、独学からの応募となると、そういったアピールができないため、就職活動で不利になりやすいです。

プログラミングを学んで実際にゲームやアプリケーションなどを作ったりし、そのことを企業にアピールできるレベルになっていれば可能性はあります。

自分でゲームやアプリケーションをサクッと作れるレベルまでスキルを身に付け、そのことを企業にアピールできれば採用したい企業はたくさん出てくると思います。

プログラミングに関する資格を取得するのも有効ですが、これも独学ではハードルが高いでしょう。

 

③独学だと無駄な時間や労力を費やしてしまう

独学でスキルが全く身につかないということはありませんし、実際にプログラミング言語を独学で習得して就職を決めている人もいます。

才能やセンスによっても、かなり大きな個人差がでますが独学の場合は、とにかく多くの時間と労力を費やすことになります。

10代のうちならば、まだ検討の余地があるかもしれませんが、20代、30代と歳を重ねるにつれ、どんどん不利になっていく上に、過去の僕のように挫折してしまい、別の道に再就職しなければならない状況になってしまった場合、そこでも不利になってしまう場合があります。

歳を重ねるほど再就職しにくくなりますし、なによりプログラマーを挫折してしまったことや、短期間で退職してしまった事についての理由を説明しなければならないことがネックになります。

そういった意味でも独学は避けたほうが賢明ですね!

実際、プログラミングを独学している人の約90%近くの人は挫折しているとまで言われているほどですし、とにかく難易度は高いです。

一応、独学でも受け入れてくれる企業は探せばどこかには必ずありますが、出会うまでにも時間と労力がかかります。

とにかく時間と労力がかかる割には、報われる可能性が極めて少ないです。

 

④わざわざプログラミング言語を独学しなくても無料で学べる方法がある(※重要)

ここがプログラミング言語を独学することは、おすすめしない1番の理由であります!

プログラミング言語を独学で学び、プログラマーやSEに就職・転職できないかと考える理由としては、ほとんどの人がプログラミングスクールを利用するお金がない、なるべくお金をかけたくないといった理由からだと思います。

しかし、それならば、無料または激安で学べる方法を利用すれば良いのです!

正直、この方が圧倒的に効率が良いですし、なによりラクです!

実はプログラミング言語って無料で学ぶ方法があったり、就職後に出世払い式で支払うタイプの就職支援サービスがあったり、激安で学べるプログラミングスクールがあるため、わざわざ独学に拘る意味がないのです!

それにキャリアカウンセリングや応募書類の添削、面接対策といった就職支援も行ってもらえるところも多い上に、企業へのアピールポイントも増えるため、独学よりも圧倒的に就職活動が有利になり、内定を勝ち取りやすくなるのです!

 

無料・出世払い式・激安でプログラミング言語を学ぶ方法

無料でプログラミング言語が学べる就職・転職エージェントを利用する

就職・転職エージェントとは企業の紹介だけでなく、応募書類の書き方のアドバイスや面接対策なども行ってくれたり、採用担当者との交渉を代行して行ってくれる就職支援サービスなのですが、その多くは採用企業側から手数料をガッポリ貰っているため、求職者側は無料で利用できるものがほどんどなのです!

有名な所としてはリクルートエージェントやdodaなどがあり、CMや広告などで見かけたことがある人も多いかと思います。

しかし、プログラマー・SE(システムエンジニア)の就職・転職ならば、もっとプログラマーやSEに特化したものを利用しなければなりません。

もっと言えばプログラミング言語を無料で学べる学習カリキュラムも用意されている就職・転職エージェントを利用すれば鬼に金棒なのであります!

例えば『GEEK JOB』
という就職・転職エージェントがあります!

詳しい内容は別記事の『プログラマー未経験におすすめな転職サイトやエージェント!ゲーム web SEなど』にて紹介していますので別記事を参考にするか、公式サイトをご覧下さい!

今回は割愛させてもらいます。m(_ _)m

※画像をクリックすれば公式サイトへ移行できます!

↓↓↓



プログラミング言語を学びながら働ける企業に就職する

企業によってはプログラミング未経験者のために研修制度を充実させているところもあります。

お金に余裕が無く、なるべく早く就職・転職したいけどプログラミングのスキルが無い…。

という方におすすめな方法です!

そして、そういった企業と確実に見るける方法ですが、ここでも就職・転職エージェントが重宝します!

プログラミング言語を学びながら働かせてもらえる企業の求人ばかりを扱っている就職・転職エージェントがあります!

ここでおすすめなのが『IT求人ナビ(未経験用)』というエージェントであります!

こちらも詳しい内容は別記事の『プログラマー未経験におすすめな転職サイトやエージェント!ゲーム web SEなど』にて紹介していますので別記事を参考にするか、公式サイトをご覧下さい!

今回は割愛させてもらいます。m(_ _)m

※画像をクリックすれば公式サイトへ移行できます!

↓↓↓

 

出世払い式のエンジニア養成校を利用する

無料なものは信用できないけど現状、プログラミングスクールに通うお金がない…。

という方におすすめなのが『CODEGYM ISA』というエンジニア養成校にあるような「出世払い式」のプログラミングスクールを利用する方法です!

受講料は無事に就職した後に、収入に応じた金額を支払うシステムとなっているのです!

もちろん、就職支援も行ってもらえます!

こちらも詳しい内容は別記事の『プログラマー未経験におすすめな転職サイトやエージェント!ゲーム web SEなど』にて紹介していますので別記事を参考にするか、公式サイトをご覧下さい!

今回は割愛させてもらいます。m(_ _)m

※画像をクリックすれば公式サイトへ移行できます!

↓↓↓

 

激安で学べるプログラミングスクールを利用する

有料にはなってしまいますが、激安で学ぶ事ができるプログラミングスクールを利用する方法です!

プログラミングスクールというと50万円~80万円くらい受講料を取られるところが多く、予算的になかなか厳しいのが現実ですよね?

しかも高い受講料の割に受講内容の質が低かったら…。

なんて不安もあると思います。

そこでおすすめなのが『Freeks(フリークス)』という税込み月額10,780円で学べるプログラミングスクールであります!

税込み月額10,780円という金額なら比較的、現実的で手が届きやすい価格だと思います。

それに数十万円という高額な金額を一括払いや分割払いで支払うタイプではないため、万が一、途中で挫折してしまっても最小限の金銭的ダメージで済むというメリットもあります!

※画像をクリックすれば公式サイトへ移行できます!

↓↓↓

 

それと、もう1つ。

『CODE × CODE』というプログラミングスクールもおすすめです!

プログラミング言語を学べる学習カリキュラムに加え、就職支援や資格取得も可能となっています!

こんな方におすすめ
  • 未経験からITエンジニアを目指したい方
  • 少しでも良い企業に転職して給料を上げたい方
  • ホワイトカラーの仕事をしたい方
  • 業界で必須な資格を取得したい方
  • 就職活動のサポートもしてもらいたい方

受講料は先ほどのプログラミングスクールより少し高めで288,000円となっていますが、CODE×CODEが紹介している企業への内定が決定したら、その時点で受講料288,000円のうち、お祝い金として80,000円をキャッシュバックしてもらえたり、学生の方ならば学割で半額の114,000円で利用できるなど、キャンペーンの条件に当てはまることができれば、かなり低価格で利用することができるのです!

※キャンペーンは予告なく終了する場合がありますので必ず公式サイトにてご確認ください

これら2つについても別記事の『プログラマー未経験におすすめな転職サイトやエージェント!ゲーム web SEなど』を参考にするか、公式サイトをご覧下さい!

※画像をクリックすれば公式サイトへ移行できます!

↓↓↓

 

職業訓練校を利用する

こちらは過去に僕が利用した方法になります。

ハローワークが行っている公的機関の訓練校で、会社を退職後に、ある一定の条件に当てはまっていれば失業保険を受給しながら通う事ができるのです。

ただし職業訓練校は失業した人のための訓練校であるため、学生や会社に在籍中の方は利用することができず、失業保険を受給しながらというのも、ある一定の条件に当てはまっていなければ受給資格が発生しないため、要領を知っていないと少し面倒なのがデメリットです…。

また、失業保険の金額も、そこまで多くはなく十数万円程度であるため、月々十数万では生活していけない方には、あまりメリットはないです。

それに授業内容も割と急ぎ足で行われてしまうことが多く、授業についていけない人も多く出てきます。

さらに公的機関ということもあり、放課後、遅い時間まで残って勉強をするといった事もできないですし、訓練校で貸し出しされるパソコンを自宅に持って帰って勉強するといったこともできないでしょう…。

そのため、この方法は個人的には微妙かなと思います…。

 

プログラミング言語を独学でプログラマーやSEに就職・転職できるか?についてのまとめ

今回はプログラミング言語を独学してプログラマーやSEに就職・転職できるか?という内容でした。

結論としては独学では不可能ではないものの、かなりハードルが高いため現実的ではないとうことです。

仮に就職できたとしても長く続けていくことができず、挫折してしまうリスクも高いです。

プログラマーやSE(システムエンジニア)という業界は、世界的に急速に発展しているため、即戦力を重要視されやすいです。

そのため、就職前の段階から万全の体制を整え、就職後に幸先の良いスタートを切れるようにしなければ、周りのペースについていけなくなってしまい、過去の僕のように早々と見捨てられてしまったり、リタイアしてしまう結末を迎えてしまう可能性が高いのです。

ですので今回紹介したようなプログラマーやシステムエンジニア系の就職・転職に強いエージェントやプログラミングスクールを利用することを強く推奨します!

中には無料カウンセリングや、無料オリエンテーションがあるものも多く、IT業界についての質問を受け付けてくれると思いますので、興味があったり色々な疑問や悩みがあったら遠慮せず、どんどん活用するのも有効な手段だと思います!