就職・転職・仕事

文系陰キャの就職先・仕事探しにおすすめ!詰む前に読んで欲しい記事(・ω・)

humanities-yin-yang-employment-featured-image.jpg

今回のテーマは文系陰キャの就職先や仕事探しにおすすめな方法についてです!

文系の陰キャは就職活動で詰むと言われているようですが、実際はそんなことはありません!

とはいえ、不利になってしまう事もあるのも事実です。

そこで文系陰キャの人におすすめな就職先や、仕事探しに役立つ方法を紹介します!

なるべく無資格・未経験からでも始められる仕事や、今お持ちの資格を活かせるような就職先を中心に紹介していきます!

少々、長いですがご了承ください。m(_ _)m

目 次
  1. 「文系」「理系」という分け方について
  2. 文系陰キャにおすすめな就職先その1
  3. プログラマーになるための方法
  4. 文系陰キャにおすすめな就職先その2
  5. 文系陰キャにおすすめな就職先その3
  6. やりたい仕事が見つからず詰む寸前の文系陰キャにおすすめな就職活動方法
  7. 文系陰キャにおすすめな就職先と仕事探しの方法について最後に

「文系」「理系」という分け方について

「文系」と「理系」という分け方には主に2通りある

もったいぶるようで恐縮なのですが、本題に入る前に「文系」と「理系」という分け方について説明させて下さい。

というのも、文系・理系という分け方には主に2つありまして、1つは学問分野においての分け方で、学校の科目の分け方に使われる場合です。

ザックリとした分け方で言うと文系は国語・社会・英語。

理系は数学・理科といった感じです。

「文系学部出身」とか「理系学部出身」といった言い方をすると思います。

もう1つは「文系タイプ・文系脳タイプ」「理系タイプ・理系脳タイプ」といった性格的な分け方です。

右脳タイプ、左脳タイプという言い方で分けられることもありますね。

単純に「文系」「理系」という言い方だけですと、どちらのパターンもあり得るため、今回の記事では学問分野においては「文系学部出身」「理系学部出身」という言い方。

性格的な分け方においては「文系脳タイプ」「理系脳タイプ」という言い方。

どちらの要素も含む場合は「文系」「理系」という言い方で進めさせてもらいます。

例えば、今回のテーマは「文系陰キャの就職先」となっていますが、単に「文系陰キャ」という言い方ですと、文系学部の高校や大学出身の陰キャな人を指しているのか、それとも文系脳タイプなんだけども陰キャな人を指しているのか区別がつきません。

おそらくは前者の「文系学部の高校や大学出身の陰キャな人」を指すことの方が多いのでしょうが、後者である可能性も充分にあり得ます。

また、この辺をしっかり分けて考えていかなければ企業選びや職種選びで上手くいかない可能性があり、効率よく就職活動を進めていくことができません。

なぜなら、企業によっては「学歴不問」で求人を出しているところが沢山あり、この場合は文系学部の学校を卒業しているのか、それとも理系学部の学校を卒業しているのかといった事はあまり重要視してはおらず、その人の特性や考え方が会社の方針とマッチしているかどうかの方が重要になります。

特に分野の指定はなく「高卒以上」とか「大卒以上」となっている場合も、同じようなことが言えます。

この場合は、今までどんな科目を重点的に学んできたかという事だけではなく、どんなタイプの人間かという所も重要になります。

「文系脳タイプ」とか「理系脳タイプ」という分け方は、かなり大雑把な分け方であるため、できればエニアグラム性格論のように、もっと細かくタイプ分けした方が、より適職探しに重宝するのですが、奥が深く複雑で分かりにくいため、今回はシンプルに「文系脳タイプ」と「理系脳タイプ」という分け方で進めさせていただきます。

 

文系陰キャな人について

よく文系の人におすすめな職業として「営業職・接客業」や「芸術家系」が挙げられます。

この場合「経済・心理学・芸術・美術」などを学ぶことが多い文系学部の学校出身の人におすすめな職業という意味合いとしても受け取れますが、人と話すのが得意であったり発想力が豊かである文系脳タイプの人におすすめな職業という意味合いとしても受け取れます。

文系脳タイプは理系脳タイプの人に比べて、理論やルールに必ずしもとらわれずに物事を考える柔軟性があったり、コミュニケーション能力が高い傾向にあるため、営業職や接客業、芸術家などが適職であると言われています。

そうなると「文系陰キャ」の適職って何?という疑問が出てきます。

例え文系でも「陰キャ」という時点で営業職や接客業は不向きなイメージがあると思います。

そもそも「文系陰キャ」って、文系学部出身の陰キャの事なのか?

それとも文系脳タイプの陰キャの事なのか?

どちらの事を指すのかによっても変わってくるのですが、この辺りは人間の特性である「性格」と「気質」について知る必要があり、あまり深掘りし過ぎると難しい話になってしまうので、今回はあまり深くは考えないことにします。

とりあえずは求人の応募条件に「○○学部出身の方」とか「○○学部出身の方優遇」となっている企業に応募するのであれば、応募条件に「文系学部出身の方」となっているもので、尚且つ陰キャの人向けな職業を選べば良いと思います。

特に学部についての応募条件が無い求人に応募するのであれば、まず自分自身が文系脳タイプの人間なのか、それとも理系脳タイプの人間なのかを確認し、各タイプに合った職業を選ぶか、あるいはどちらのタイプでも良い職業を選べば良いと思います。

文系脳タイプの陰キャの適職としては、そこまでコミュニケーション能力が必要とされないもので、尚且つ発想力や柔軟性が必要とされるものや、物事や状況を感覚的に捉えることができる洞察力が必要とされる職業になります。

前置きが長くなりましたが、ここから文系陰キャの人におすすめな就職先や、どちらのタイプでも良い職業の紹介をしていきます!

 

文系陰キャにおすすめな就職先その1

プログラマー・SE(システムエンジニア)・ITエンジニア系の仕事

意外かもしれませんがプログラマー・SE(システムエンジニア)ITエンジニア系の仕事というと理系学部出身の方が有利であると思われがちですが、実はそうでもありません。

企業によって異なる部分もありますが、学歴不問で募集している企業が多く、文系学部出身とか理系学部出身といった要素は応募条件にはない所が沢山あります。

なので文系学部出身なのか、それとも理系学部出身なのかという点は、あまり気にしなくて良いでしょう。

性格的な意味でも理系脳タイプの方が有利と思われがちですが、実際は文系脳タイプの方が有利である場合も多いです。

この辺りは意見が分かれる所なのですが、プログラマー未経験者からの意見では理系脳タイプの方が有利であるというイメージが圧倒的に多いです。

しかし、実際にプログラマー系の仕事を経験したことがある人からすれば、半々に分かれる、あるいは「どちらでもない」という意見も多いです。

ちなみに僕自身も、わずか3ヶ月ですがプログラマー系の仕事をしていたことがあります。

僕は典型的な理系脳タイプの人間ですが、僕から見たプログラマー系の世界は圧倒的に文系脳タイプの人の方が有利であるという印象でしたし、僕がいた会社も文系脳タイプの人が多かったです。

文系脳タイプの人が多かったというよりかは、僕自身も含め、理系脳タイプの人の方が退職していく率が高く、減っていったと言った方が適切かもしれません。

 

プログラミングは「言語」であるため文系脳タイプの人が有利な場合も多い

数学の公式のような文字列が使われている事からプログラマー系の仕事は理系脳タイプの人が有利であると思われがちですが、実際はそうでもありません。

プログラミングは「プログラミング言語」と言うくらいですので、その正体は「言語」です。

人間が使う言語のまま文章を入力するとコンピューターが認識できません。

逆にコンピューターの言葉(二進数)で入力しようとすると、”0”と”1”のみの長文になってしまい、人間の方が認識困難になってしまいます。

そこで人間とコンピューターが両者とも認識できるよう英語をベースに作られた言語がプログラミング言語です。

言語を扱うということは、文系脳タイプの人の方が有利である場合も割と多いです!

それとプログラマー系の仕事は即戦力が重視されやすい業界です。

理屈を理解しながら上達していく理系脳タイプの人よりも、慣れや感覚で上達していく文系脳タイプの人の方が即戦力に優れているため、評価されやすいです。

 

プログラマー系の仕事は即戦力が重視されるため文系脳タイプの人が有利な場合も多い

プログラマー系の仕事は「未経験者歓迎・学歴不問」といった求人が沢山あります。

「やる気さえあれば大丈夫」というような謳い文句で求人を募集している所もあります。

しかし、これらの言葉の意味は「スキルや知識がなくても務まる簡単な仕事」という意味ではなく、とりあえず経験もスキルも資格もなくても始められるということであり、入社してから学習していく必要が出てきます。

そうなった時、いかに早くプログラミングに慣れられるかどうかが求められます。

本来プログラミングというのは「慣れ」だけでは上達しないのですが、とりあえず慣れることが必要不可欠なものであります。

ちなみに柴田望洋氏が出しているC言語の書籍の第1章では以下のように書かれています。

c-language-bohyoh-shibata01.jpg

第1章
まずは慣れよう

もし、物ごとに慣れるだけで上達するのであれば、それに長く親しんだ人ほど”上手”ということになるはずです。ところが、現実はそうではありません。たとえばスポーツを例にとってみても、練習をすればするほど悪いフォームがさらに改悪されていって、どんどん下手になってしまうのを見受けます。プログラミングも慣れるだけでは駄目です。
もっとも、何かを始めようとするときは、まずそのものに実際に触れてみることが不可欠です。

プログラミングの学習が始まると、まずは慣れるところから始まるのですが、この「まずは慣れる」という感覚的なことは理系脳タイプの人よりも文系脳タイプの人の方が優れています。

そのため「即戦力」という点で文系脳タイプの人の方が有利であり、評価されやすいです。

それに「慣れ」ばかりでプログラミングを実装するスタイルが主流になっている企業もあります。

また、プログラミング未経験の方には分かりにくいかもしれませんが、プログラミングではパズル要素も含まれるため、発想力や柔軟性も重要になってきます。

逆に僕のような「慣れ」だけでは上達しない、理屈が理解できないと上達しない典型的な理系脳タイプの人はスタートからつまずいてしまい、あっという間に置いていかれます。

僕は職業訓練校でプログラミングを学び就職したのですが、職業訓練校のクラスメイトではプログラミングにすんなり慣れられた人と、そうでない人とでハッキリと分かれました。

プログラミングに慣れるのが早かった人達の多くは文系脳タイプの人か、プログラミング経験者の人達でした。

逆にプログラミングになかなか慣れることができず、毎日苦痛の日々を送っていた人達の多くはプログラミング未経験の理系脳タイプの人でした。

試しにプログラミングのセンスがあるなと思ったクラスメイトに、前職や学歴について聞いてみたら、高卒で前職はゴミ処理場でゴミの分別をするアルバイトだったという、ほとんどプログラミングとは無縁の環境でしたし、文系脳タイプの人でした。

意外かもしれませんが、文系脳タイプの人の方が有利であるケースもあるのです。

むしろ、典型的な理系脳タイプの人間である僕からすれば、文系脳タイプの人の方が圧倒的に有利だと思います。

典型的な理系脳タイプの人間である僕は、プログラミングをマスターすることができず、その結果、わずか3ヶ月で退職したのですが、この時は本当に文系脳タイプの人が羨ましかったです。

 

プログラマー系の仕事を希望する際の注意点

プログラマー系の仕事を希望する際の注意点ですが、プログラマー系の求人は東京都を中心に集中していることがほとんどであるため、希望している就職エリアが東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県以外である場合は求人数が激減しますので、お気に召す求人が見つからない可能性があります。

それに伴って、プログラマー系の就職希望者をサポートしてもらえる転職サイトや転職エージェント、プログラミングスクールなどのような就職支援サービスのサポート対象エリアも1都3県であることが多く、1都3県以外のエリアはサポート対象外となってしまうことが多いです。

新型コロナウイルスの影響もあり、面談やプログラミングの学習はオンラインで行うスタイルに切り替わっているものが多いため、1都3県以外のエリアにお住まいでもサービスを利用すること自体は可能である場合が多いですが、いざ就職するとなったら上京が必要になるパターンもあります。

そのため、プログラマー系の就職希望者をサポートしてもらえる就職支援サービスを利用し、1都3県以外のエリアで勤務地を希望する方は事前に、カウンセリングやオリエンテーションの時に質問し、以下のような項目をきちんと確認しておいた方が良いです。

  • 地方の方でも紹介してもらえる求人があるのか?
  • 無い場合は探してもらえるのか?
  • 過去の卒業生で地方の方に就職した事例があるのか?
  • どうしても求人がなければ東京に上京しなければならないのか?

また、年齢の縛りも厳しく未経験からの応募ですと29歳くらいまでしか受け入れてもらえない企業が多く、プログラマー系の就職希望者をサポートしてもらえる転職サイトや転職エージェント、プログラミングスクールなども同様に30歳以上になるとサポート対象外になることが多いです。

逆に言えば、年齢が29歳くらいまでの方でプログラマー系の仕事に興味があるのでしたら、ダメ元でも良いので20代のうちにチャレンジしてみる価値はあるかと思います。

プログラミングの勉強をすると、パソコンやインターネット関連のスキルや知識も同時に身に付きます。

パソコンやインターネット関連のスキルや知識は他の職業や私生活においても重宝します。

仮に就職しても直に挫折してしまい退職してしまうようなことになったとしても、それまでに得たスキル・知識・経験は無駄にはならないのです!

 

プログラマーになるための方法

プログラミングスクールを利用する方法

プログラマーになるための方法は何パターンかあるのですが、1つはプログラミングスクールを利用する方法です。

プログラミングスクールは、昔は値段が高い割にはプログラマー系の仕事に就職できないというイメージが強かったですが、最近では国や企業が受講料を負担してくれるものが多くなってきているため無料、又は格安でプログラミングが学べる上に就職のサポートも行ってくれるプログラミングスクールが増えてきました!

就職率も90%以上であるスクールが多いので未経験者でもプログラマーになれる時代になってきました!

プログラマー系は「無資格OK・未経験者歓迎・学歴不問」といった求人が沢山ありますが、プログラミングの基礎知識くらいはあった方が圧倒的に有利であります!

ですので、プログラミングの学習と就職支援の両方を行ってもらえるプログラミングスクールを利用する方法をおすすめします!

それとプログラミングスクールでは入校するしないに関係なく、説明会を兼ねた無料カウンセリングやオリエンテーションを行っている所が多くあります。

この無料カウンセリングやオリエンテーションに参加し、文系陰キャな人でもプログラマーになれるのかや、過去の卒業生の事例などを聞いてみると色々と参考になるので、プログラマーに興味がある方は是非とも活用してみることをおすすめします!

 

おすすめなプログラミングスクールの一例

GEEK JOB スピード転職コース(無料)

おすすめなプログラミングスクールを1つ例に挙げますと「GEEK JOB(ギークジョブ)スピード転職コース」という無料のプログラミングスクールがあります!

GEEK JOB(ギークジョブ)スピード転職コースは、就職支援にて就職した企業より成功報酬を頂いているため、プログラミングスクールが紹介する企業に就職すればセミナー参加者は無料で利用できます!

フリーターや第二新卒からIT業界正社員を目指している方にも力を入れています!

参加者の71.6%はパソコン初心者からスタートしておりますが、転職成功率は95.1%という実績があります!
(時期によって変動あり)

↓↓↓

※画像をクリックすれば公式サイトへ移行できます

主に異業種からITエンジニアとして就職を目指す転職者のための就職支援サービスであり、以下の項目のような人達におすすめです!

  • IT業界以外ではたらいており、ITエンジニアへ転職を考えている
  • すぐに就職したい
  • 無料でプログラミングを学習し就職したい
  • 手に職をつけたい(自分の価値を確実に上げたい)
  • 安定して働きたい
  • とにかくエンジニアとして働きたい
  • 現場で学びながら成長したい
  • 就職支援をしっかりしてほしい
  • プログラマー未経験可求人に応募しているがなかなか選考に通らない
  • フリーターや第二新卒からIT業界正社員を目指している

転職エージェントのように、ただ求人紹介をするだけではなく、プログラミングを学習し、スキルを身に付けられるため、完全に未経験の状態よりも採用されやすくなります!

また就職後も、完全に知識ゼロの状態よりも幸先の良いスタートを切ることができるのです!

ただしターゲット層は年齢19歳~28歳の社会人経験者、就職希望エリアが1都3県の方、半年以内に転職意欲のある方になります。

有料版の『プレミアム転職コース』の方ならば年齢が24歳~32歳まで参加が可能となっています!

GEEK JOBスピード転職コースの詳細や、無料カウンセリングの申し込みはGEEK JOBスピード転職コースの公式サイトをご覧下さい!

↓↓↓

※GEEK JOBでは「コロナ対策」として2020年4月7日より、体験会や通学(セミナー受講)をオンラインで実施する体制が完備されました!

GEEK JOBのWeb上には通学するとの記載がありますが、今後はオンラインでの面談・セミナー受講となりますので安心してご応募ください!

GEEK JOBスピード転職コース以外のプログラミングスクールをお探しの方は以下の記事を参考にして下さい。

社会人経験者向けのプログラミングスクールはコチラ。

↓↓↓

大学生向けのプログラミングスクールはコチラ。

↓↓↓

大学中退者向けのプログラミングスクールはコチラ。

↓↓↓

 

プログラマー系の就職に特化しているエージェントサービスを利用する方法

先ほどのプログラミングスクールに通う方法ですと、プログラマーになるために、どうしても数ヶ月もの学習期間が発生するため、今すぐ就職したいという方には不向きです。

なるべく早く就職したい、プログラミングを学習してから就職するのではなく、先に就職をし働きながらプログラミングを学んで行きたいという方はプログラマー系の就職に特化したタイプの就職・転職エージェントを利用する方法をおすすめします!

就職・転職エージェントは求人を紹介してもらえるだけではなく、就職のプロであるアドバイザーが応募企業ごとの特徴に沿った応募書類の書き方(履歴書や職務経歴書など)をアドバイスしてもらえたり、面接対策を行ってもらえる所があり、求職者が合格できるようサポートしてくれます。

また、採用担当者と交渉を代理で行ってくれたり、応募書類や面接だけでは伝わりにくい応募者の長所を伝えてくれたり、インターネットや求人案内には掲載されていないような情報を入手していたりなど、活用する価値が満載なのです!

しかも大抵のエージェントは内定企業から高額な紹介料を貰っているため、求職者側は無料で利用できるものがほとんどです。

また、会員登録者のみが見ることができる「非公開求人」が用意されている所も多くあります。

ちなみに「非公開求人」とは、その名の通り、一般公開されていない求人であります。

あえて非公開にするメリットとしては、高待遇の求人に目がくらんで応募者が殺到しすぎないようにするためです。

あまりにもスキル不足な人や、仕事に対する志が低すぎる人ばかりが殺到してしまうと、採用担当者としては迷惑なのです。

それともう1つは競合他社に情報を知られたくないからです。

そういった事があるため、好条件の求人というものは、あえて非公開にする傾向にあるので、少しでも良い所に就職したいのならば会員登録して非公開求人を活用するのが賢明なのです!

会員登録を済ませ、非公開求人やアドバイザーとのカウンセリングをした上で、ハローワークのような公共職業安定所で紹介されている求人と比較してみても良いと思います!

 

プログラマー系の就職に特化しているエージェントサービスの一例

ウズキャリIT【UZUZ IT】(無料・学習サポートあり)

「ウズキャリIT」は20代の若者向けにキャリア支援を行う「UZUZ(ウズウズ)」が提供する、ITエンジニアを目指す求職者に特化した就業サポートです。

↓↓↓

※画像をクリックすれば公式サイトに移行できます

ウズキャリITの強みは、入社後の定着度が驚異の97%超えを達成しているところと、求人紹介や面接対策にとどまらず、学習動画コンテンツ、IT講師による学習サポートもあるところです!

さらに既卒・第二新卒・フリーター・ニートの就職にも強く、内定率は86%以上です!
(時期によって変動します)

就職サポートもIT学習サポートも完全無料で受けられます!

※学習サポートは希望者のみ

そして厳しい自社基準を設け、ブラック企業の排除も行っています!

プログラマー未経験な上に正社員歴がない方、前職を短期間で退職してしまった方、フリーターやニートからの就職を考えている方々におすすめです!

ただし、ウズキャリITは就職活動を成功させるために1人あたり平均12時間以上という手厚いサポートを行いますので、就職意欲の低い方、一度にたくさんの求人を見たい方、最小限のやり取りで就職したい方などには不向きです。

対象年齢

18歳〜29歳(最終学歴高卒以上の方)

属性
  1. 第二新卒者、既卒者
  2. 就職浪人者、フリーター、ニート、大学中退者、中退を考えている方
  3. 未経験からの転職を希望する方

もっと詳細を知りたい方や無料登録をご希望の方は公式サイトにてお願いします。

↓↓↓

>>>ウズキャリIT公式サイト

 

ウズキャリIT以外のエージェントサービスをお探しの方は以下の記事を参考にして下さい。

↓↓↓

 

文系陰キャにおすすめな就職先その2

工場・製造業・倉庫作業員系の仕事

工場・製造業・倉庫作業員系の仕事は、陰キャな人におすすめな職業として有名です。

文系と理系どっちが良いというのは業務内容によって異なりますが、あまり気にする必要がないレベルです。

むしろ文系向きとか理系向きという概念ではなく、男性向けの仕事、女性向けの仕事という概念になる場合もあるので工場・製造業・倉庫作業員系の仕事では職場によっては女性スタッフが多い所もあります。

応募条件に「文系学部出身」とか「理系学部出身」といった縛りはあまりないですし、仕事面でも、どちらの方が有利かは業務内容によって変わってくるため、文系陰キャな方にもおすすめです。

その業務内容については色々あるため、文系陰キャな方でも務まる仕事も多いかと思います。

商品を運んだり、検品やピッキング作業といった軽作業もあれば、生産ラインの機械を操作したり、修理やメンテナンスを行ったり、溶接して物を作ったりといった技術的な作業もあります。

機械の修理やメンテナンスなんかは理系の人の方が有利な気もしますが、海外製の物を使っている場合には整備書が英語であったりとか、メーカーの人が外国人であることもあるため、こういったケースに出くわすと文系の人の方が有利です。

とにかく業務内容が幅広いため、文系陰キャ向けな仕事も見つかる可能性が高いです。

 

工場・製造業・倉庫作業員系の仕事は好条件求人が多い

工場・製造業・倉庫作業員系の仕事は「無資格・未経験・学歴不問」でも応募できる求人が多い割には、高収入で年間の休日が多いものや、寮付きなもの、駅から送迎バスが用意されているものもあり、環境的には恵まれている方だと思います。

雇用形態も正社員ばかりではなく準社員や契約社員、アルバイト、パートなど色々あるので、あまり責任感のある立場にはなりたくない方や、ある程度自由に休日を取得できる仕事が良いという方は、あえて正社員ではない雇用形態を選択するという手もあります。

色々な面で自由が利く仕事が多いため、かなり狙い目だと思います。

先ほど紹介したプログラマー系の仕事のように年齢の縛りが厳しかったりですとか、勤務エリアが1都3県しかないというデメリットもないのでおすすめです。

ただし工場・製造業・倉庫作業員系の仕事すべてが好条件であるとは限らないことと、勤務内容によって向き不向きが出てくるため、きちんと下調べをすることや自分の適性を知るといったことが重要になります。

そこで次に工場・製造業・倉庫作業員系の仕事探しで重宝する採用サイトを紹介します!

 

工場・製造業・倉庫作業員系の仕事探しで重宝する採用サイト

工場・製造業・倉庫作業員系の仕事探しで重宝する採用サイトとして「工場求人ナビ」というおすすめな採用サイトがあります!

この工場求人ナビは未経験者・初心者でも働きやすい環境が整っていることや、簡単な適性テストを行いマッチングしそうな仕事を紹介して貰えること、寮付きの仕事もあること、高収入な仕事が多いこと、色々な雇用形態があるなどメリットが多いのでおすすめです!

↓↓↓

※画像をクリックすれば公式サイトへ移行できます

単に仕事を紹介するだけではなく、専用コーディネーターが求職者の要望や適性に合った仕事を探してくれます!

また、就職後は各工場にいるサポートスタッフによるアフターフォローもあるため未経験者・初心者も安心して働けますし、寮付きな所もあります!

寮付きな求人もあるため、現在、実家暮らしをしているけど、家族と仲が良くないから1人暮らししたいと考えている方にも打って付けですね。

トヨタ自動車やホンダ、デンソー、ブリヂストンなど、自動車関係の大手メーカーも多く取り揃えられています!

factory-job-navi-manufacturer.jpg

引用元:工場求人ナビ公式サイト

それと、工場求人ナビの特徴とも言える雇用形態。

工場求人ナビに掲載されている求人情報は、「派遣」「請負契約」「紹介予定派遣」「メーカー直接雇用」の4つのカテゴリーに分かれており、ご自身に合った雇用形態を選ぶと良いです。

factory-Job-navi-employment-form.png

引用元:工場求人ナビ公式サイト

もちろん正社員求人もありますが

「いきなり正社員はハードルが高そうだから、まずは準社員や契約社員が良い」

という方にも対応しています。

始めから正社員として働くのではなく、準社員や契約社員からスタートし、

「この仕事、自分に合っている!」

「ここで働きたい!」

と決心がついてから正社員になることを希望するという方法もあります!

雇用形態については、あまり聞きなれない用語で表記されているため少々ややこしい部分もあると思いますので、詳細については工場求人ナビの公式サイトにて確認するか、お問い合わせ、あるいは登録会にてご相談ください。

↓↓↓

※法律により、18歳未満の方については、時間外及び休日の労働・午後10時以降の深夜労働は、原則として認められていません。
よって、日総工産の採用基準は18歳以上とさせていただいております。

 

もし正社員を希望で、工場求人ナビでは気に入った求人がなかったという場合には以下の「コウジョウ転職」という転職サービスがおすすめです!

↓↓↓



 

工場求人ナビについては以下の記事でも、より詳しく紹介していますので、よろしければ参考にして下さい。

↓↓↓

 

文系陰キャにおすすめな就職先その3

介護士系の仕事

介護士系の仕事というと人を相手にする業務なので、ある程度のコミュニケーション能力が必要とされます。

そのため、コミュニケーション能力が低そうなイメージを持たれる陰キャな人には不向きであると思われがちですが、あながちそうとも言い切れない部分もあります。

いかにもコミュニケーション能力が高そうな文系陽キャな人の方が適職であると思われるでしょうが、こういったタイプの人で割と多い欠点として以下のような要素があります。

  • 自己主張が激しすぎる
  • 主観的な目線で会話をする
  • 相手の話を聞かない
  • 地道な作業が嫌い
  • 自分のペースで物事が進まないと苦痛
  • せっかち

文系陽キャな人すべてが以上のような欠点を抱えているというわけではないのですが、こういった欠点を持っている人が割と多いのも事実です。

いわゆる「アッパー系コミュ障」と言われる人が割と多いのです。

こういった欠点を抱えている人は介護士系の仕事には不向きです。

人を相手にする業務であるため、当然コミュニケーション能力が必要なのですが、介護士系の仕事で相手をするのは主に、お年寄りや体の不自由な方などがメインです。

こういった方々の中には大きな声で話せない方や、そもそも声を出すことができない方、声は出せるけど言葉になっていないので会話が困難な方、動作や移動速度がとにかく遅いといった方を対象に仕事をすることになります。

この場合、営業職とか接客業とは違った意味のコミュニケーション能力が必要とされます。

とにかく相手のペースに合わせながらコミュニケーションを図らわなければならない、自分の思った通りに動いてくれない(というか物理的に動けない)人が対象となるため、文系陽キャな人には向かない場合があります。

かといって、いかにも根暗で人見知りな感じの理系陰キャな人が向いているかと言うと、そうでもないでしょう。

相手の感情や気持ちを感覚的に感じ取るという点においては文系の方が優れていますし、そういう意味では文系陰キャな人くらいがちょうど良いのです。

 

介護士系の仕事は好条件求人が割と多い

工場・製造業・倉庫作業員系の仕事と同様に、無資格・未経験・学歴不問でも応募できる求人が多い割には、高収入で年間の休日が多い好条件求人が割と多いです。

雇用形態も正社員ばかりではなく準社員や契約社員、アルバイト、パートなど色々あるので、あまり責任感のある立場にはなりたくない方や、ある程度自由に休日を取得できる仕事が良いという方は、あえて正社員ではない雇用形態を選択するという手もあります。

それに国や企業が無資格・未経験から介護士を目指す人達を支援する制度があり、この制度を活用すれば介護の仕事をし、給料を貰いながら勉強をさせてもらえ、資格も取得でき、しかも費用も負担してもらえるというシステムが整っている所もあるので、これといってスキルや資格がない方にはおすすめです!

それに先ほど紹介したプログラマー系の仕事のように年齢の縛りが厳しかったりですとか、勤務エリアが1都3県しかないというデメリットも少ないです。

ですが、そうでもない所もありますし、完全にブラックな所も存在しますので、こちらもきちんと下調べをしながらの職場選びが重要となります。

そこで次に介護士系の仕事探しで重宝する介護専門求人サイトを紹介します!

 

介護士系の仕事探しで重宝する求人サイト

介護士系のお仕事に特化しているおすすめな求人サイトで「かいご畑」というものがあります!

↓↓↓

※画像をクリックすれば公式サイトへ移行できます

かいご畑に掲載されている派遣求人で就業が決定した場合、介護の資格講座の受講料が0円になる『キャリアアップ応援制度』が利用できます!

関東、関西、東海、中国、九州と全国のエリア毎に厳選された介護職の求人情報を6,000件以上掲載されていて、求人応募の対象者は、介護の資格をお持ちでない初めての方から、経験者にいたるまで幅広い方が対象となっています!

勤務エリアの範囲が全国的であるため、地方のエリアに勤務を希望している方にもおすすめです!

対象年齢も20代・30代・40代・50代と幅広く、無資格からでもスタートできます!

専任の人材コーディネーターがピッタリの求人をご紹介します。

無資格・未経験OK、資格取得支援、週3~4日、日勤のみ、駅付近など条件を色々と選べるのに加えて、雇用形態も正社員や契約社員、派遣・パート、紹介予定派遣など介護職としてさまざまな働き方を選べます。

kaigobatake01.png

引用元:かいご畑公式サイト

働きながら0円で介護資格が取得できる「キャリアアップ応援制度」で、介護士としてのスキルアップも実現します!

収入面に関してはエリアや労働条件によって差があるため一概には言い切れませんが、無資格・未経験からスタートできる割には、決して悪くないと思います。

以下、かいご畑公式サイトに一般公開されている求人の例になります。

↓↓↓

kaigobatake-job-offer01.jpg kaigobatake-job-offer02.jpg kaigobatake-job-offer03.jpg kaigobatake-job-offer04.jpg

引用元:かいご畑公式サイト(2022年3月11日時点)

待遇については勤務地によって差がありますが、ここで紹介している求人は、ほんの一部でありますし、それに、これらはあくまでも一般公開されている求人です。

本当に好条件である求人というのは「非公開求人」に隠されていることが多いため、その辺は是非ともかいご畑に無料会員登録し、ご自身で比較してみて下さい。

ちなみに「非公開求人」とは、先ほども解説しましたが、一般公開されていない求人であります。

あえて非公開にするメリットとしては、高待遇の求人に目がくらんで応募者が殺到しすぎないようにするためです。

あまりにもスキル不足な人や、仕事に対する志が低すぎる人ばかりが殺到してしまうと、採用担当者としては迷惑なのです。

それともう1つは競合他社に情報を知られたくないからです。

そういった事があるため、好条件の求人というものは、あえて非公開にする傾向にあるので、少しでも良い所に就職したいのならば会員登録して非公開求人を活用するのが賢明なのです!

それから先ほども説明しましたが、どの業界でも待遇の悪い職場やブラック企業というものは存在するものであり、介護士系の業界でも同じことが言えます。

人によって職場の雰囲気が合う合わないということも起こるでしょう。

そのため、しっかりと下調べをした上で職場選びをしないとミスマッチが起きてしまいます。

そういったミスマッチを防ぐために、会員登録後は非公開求人を閲覧するだけではなく、是非とも専任の人材コーディネーターと面談をし、ご自身に合った職場選びと、介護の資格講座の受講料が0円になる『キャリアアップ応援制度』についての説明を受けておくことをおすすめします!

かいご畑公式サイト

↓↓↓

 

やりたい仕事が見つからず詰む寸前の文系陰キャにおすすめな就職活動方法

特化型の就職・転職エージェントを利用する方法

ここまで文系陰キャの人におすすめな就職先について紹介してきましたが、どれもイマイチ興味が湧かない、だけど、これといって興味のある職業とか、やってみたい仕事が見つからないという方もいると思います。

そんな時は就職エージェントや転職エージェントと呼ばれる就職支援サービスを利用すると良いでしょう。

ただし、某最大手の転職エージェントのようなありきたりなものではなく、あえてマイナーなものや特定の分野に特化しているエージェントサービスの方が良い場合もあります。

先ほど「プログラマーになるための方法」の所でも紹介した「ウズキャリIT」も、その1つです。

ウズキャリITはプログラマー系の職業に特化しているエージェントサービスでしたが、ここからは色々な職業を扱っているもので、ある特定のユーザー属性に特化しているエージェントサービスを紹介していきます!

一応、就職・転職エージェントについてもう一度説名しますが、就職・転職エージェントというサービスは、単に求人を紹介してもらえるだけではなく、就職のプロであるアドバイザーが応募企業ごとの特徴に沿った応募書類の書き方(履歴書や職務経歴書など)をアドバイスしてもらえたり、面接対策を行ってもらえたりと、求職者が合格できるようサポートしてくれる支援サービスです。

また、採用担当者と交渉を代理で行ってくれたり、応募書類や面接だけでは伝わりにくい応募者の長所を伝えてくれたり、インターネットや求人案内には掲載されていないような情報を入手していたりすることもあります。

大抵のエージェントは内定企業から高額な紹介料を貰っているビジネスモデルなため、求職者側は無料で利用できるものがほとんどですので、金銭的ダメージはないので積極的に活用していくことをおすすめします!

また、介護士専門の求人サイトである「かいご畑」と同様で、会員登録者のみが見ることができる「非公開求人」が用意されている所も多くあります。

会員登録を済ませ、非公開求人やアドバイザーとのカウンセリングをした上で、ハローワークのような公共職業安定所で紹介されている求人と比較してみても良いと思います!

 

23卒の文系陰キャ大学生におすすめな就職エージェント

JobSpring(ジョブスプリング)

JobSpring(ジョブスプリング)は23卒の大学生用の無料エージェントサービスです!

 ↓↓↓

※画像をクリックすれば公式サイトへ移行できます

近年の就職活動では、情報や選択肢があふれ多いため迷路状態です。

JobSpringでは自己理解を深める徹底的なカウンセリングを行い、求職者に合った企業を3~4社くらいまで厳選し紹介してくれます。

あまりにも多すぎる情報や選択肢を絞り込んでもらう事で、効率よく就職活動を行うことができるのです!

就活情報サイトを起点とし、企業イベント、就活セミナー、エージェントなど、就職活動をよりシンプルに効率的に行うためのソリューションを無料で提供しています。

まずはLINE登録を行うことでサービスをご利用いただけます。

job-spring01.png

引用元:JobSpring公式サイト

就職活動とキャンパスライフとの両立を図るには、こういったエージェントサービスを活用し、効率よく行うことが重要です。

「就職活動を成功させたい」「自分の適職が分からない」「自分に合った企業を紹介してほしい」という23卒の大学生はJobSpringの無料カウンセリングを受けてみて下さい!

 ↓↓↓

※画像をクリックすれば公式サイトへ移行できます

 

30歳未満の文系陰キャにおすすめな就職・転職エージェントその1

第二新卒エージェントneo(無料・ブラック企業排除・1番おすすめ)

「第二新卒エージェントneo」は、第二新卒/フリーター/既卒/中退/高卒/中卒/早期離職/ニートなどに強い10代・20代におすすめな就職・転職エージェントであります!

↓↓↓

※画像をクリックすれば公式サイトに移行します

第二新卒エージェントneoは「日本マーケティングリサーチ機構調べ」にて

  • 10代・20代の選ぶ就職転職満足度No.1
  • オススメしたいエージェントNo.1
  • 就職転職相談しやすさNo.1

に選ばれている転職エージェントであり、ブラック企業の排除もしています!

daini-agent-neo01.jpg

daini-agent-neo02.png

引用元:第二新卒エージェントneo公式サイト

1人あたり平均8時間の手厚いサポート、企業担当による面談対策、幅広い求人数!

第二新卒、フリーター、ニート、既卒、中退、高卒、中卒、早期離職などを学歴不問で就業支援をしてくれます!

daini-agent-neo03.png

引用元:第二新卒エージェントneo公式サイト

スピード感のある就職活動支援にも対応で、最短3日で内定獲得の事例もあります!

さらには内定後、入社後のサポートもしてもらえます!

陰キャ勢の中には学校を中退してしまった人、就職しても長続きせず早期離職してしまった人、長いことフリーターやニート生活を送っている人もいると思います。

そんな第二新卒、フリーター、既卒、中退、高卒、中卒、早期離職などの就業支援に強いエージェントであります!

相談場所は東京本社、名古屋支社、大阪支社、福岡支社の計4ヶ所となっていますが、これら4ヶ所以外にお住いの方や、直接の面談が難しい場合にはWeb上でのカウンセリングも可能ですので、先ずはお気軽に無料相談してみて下さい!

↓↓↓

※画像をクリックすれば公式サイトに移行します

 

30歳未満の文系陰キャにおすすめな就職・転職エージェントその2

資格de就職AGENT(無料・資格保持者におすすめ)

「資格de就職AGENT」は20代で1都3県の就職に特化したエージェントで、資格検定の国内最大規模の会社が展開する転職支援サービスです。

↓↓↓

※画像をクリックすれば公式サイトに移行します

資格検定の運営団体だからこそ紹介できる求人が多数!

どんな職業を選んだら良いか分からないけど資格は持っているという方におすすめです!

今お持ちの資格を活かせる仕事を選んでみるのも良いと思います。

具体的には、現在お持ちの資格を生かせる求人、あるいは資格をお持ちでなくても入社後に資格が取得できる求人を紹介してもらえます!

未経験でも異業界異業種にチャレンジできる求人多数あり、もちろん履歴書の作成や面接対策などもプロが丁寧にサポートします!

過去の経験から軸となりえそうなものを抜き出し、方向性を提示してもらいたい方におすすめです!

基本的に20代の方がサポート対象ですが、お持ちの資格によっては30歳以上でもサポート可能な場合がありますので、詳しくは資格de就職AGENTに会員登録後、キャリアアドバイザーとの面談にて話を伺って下さい。

↓↓↓

※就職希望場所が1都3県の方が対象です

 

30歳未満の文系陰キャにおすすめな就職・転職エージェントその3

就職shop(無料・書類選考なしで応募可能)

「就職shop」は株式会社リクルートが運営する既卒・フリーター向けの就職相談(求人紹介)サービスです!

↓↓↓

※画像をクリックすれば公式サイトに移行します

この就職shopはフリーター、ニート、中退、既卒、高卒、第二新卒、社会人経験なしといった、就職が困難な若者(18歳~30歳)を得意とするサービスです!

通常の人材紹介では紹介が難しい若手の就職支援を得意としています!

もちろん30歳以上の方でも利用可能です!

最大の特徴として「書類選考なしで応募ができる」というメリットがあり、アピールポイントや資格が乏しく、なかなか書類選考に通らないという方には特におすすめです!

文系陰キャ勢の中にはアピールポイントが乏しくて書類選考すら通らなくて苦戦している方もいるのではないでしょうか?

転職shopの強み・メリット

▼メリット1
書類選考なし!
履歴書で落とされることはありません!

▼メリット2
企業は100%取材!
担当者が企業のこと、仕事内容を直接丁寧に取材!
給与や職種のような基本的な情報だけでなく、職場の雰囲気や具体的な働き方など、実際に働く風景が想像できるような情報を集めています!

▼メリット3
幅広い職種での求人!
営業だけでなく、事務や企画、技術系の職種での募集も多数あります!

▼メリット4
4人に3人は正社員未経験!

現在、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、全ての面談をオンライン面談にて実施させて頂いております。

ちなみに店舗は以下の通り首都圏に7ヶ所、関西に3ヶ所となっております。

find-work-shop.png

引用元:転職shop公式サイト

ご自宅から来店可能な範囲に就職Shopの店舗がない場合は、面談予約ページの下の方に専用の問い合わせフォーム用リンクがありますので、そこからお問い合わせ下さい!

find-work-shop2.png

引用元:就職shop公式サイト

詳細や無料会員登録は転職shop公式サイトにてお願いします!

↓↓↓

 

30歳以上の文系陰キャにおすすめな就職・転職エージェント

doda(無料・色々な面でオールマイティ・無難)

これまで紹介してきた就職・転職エージェントは対象年齢が30歳未満のものや、勤務希望エリアが1都3県の人が対象であったりと、縛りや制限があるものが多かったです。

これらの縛りや制限がネックとなり、自分に合ったエージェントサービスが無かったという方は、年齢層・求人内容・勤務エリアなど全てが幅広くオールマイティに扱ってる総合型の転職エージェント「doda」をおすすめします!

↓↓↓

※画像をクリックすれば公式サイトへ移行できます

dodaは今まで紹介してきた就職支援サービスのような特化型ではなく総合型のエージェントサービスなのですが、かなりメジャーなものなので、ご存知の方も多いのではないでしょうか?

dodaは次のような不安や悩みをお持ちの方に最適なサービスです!

  • 転職サイトで自分にあった求人が見つからない。
  • 自身の経験が活かせる仕事の見つけ方が分からない。
  • 転職をしたいけど、何から始めていいか分からない。
  • 履歴書・職務経歴書の書き方が分からない。

dodaのサービスを活用することで、これらの不安や悩みを解決し、転職活動をスムーズに進めることができます!

【dodaサービス2つの特徴】

①希望にあった求人のご紹介
dodaが取り扱っている求人のうち、80%以上がサイト上には公開されていない非公開求人です!
自分では見つけられなかった求人もdodaのサービスに登録することで見つけることができます!

②転職のプロたちによる「転職活動サポート」
転職のプロが企業へのエントリー、選考結果のお知らせ、面接日程の調整など内定までをトータルサポートいたします。
また、必要に応じてキャリアカウンセリングを実施することもあります。
分からないことを転職のプロに相談できるため、転職活動が不安な方でも安心して転職活動を進めることができます。

<転職活動サポート詳細>
■応募書類のアドバイス
人事担当者をひきつける履歴書・職務経歴書を書くための秘訣をアドバイスします!

■応募書類だけでは伝わらない人柄や志向を企業に伝え、選考通過を後押し
履歴書・職務経歴書だけでは伝わらない、人柄や志向、考え方など、転職希望者の方の優れた特性を、推薦状や推薦時のメールにまとめ、履歴書・職務経歴書に添えて企業に応募します!

■面接前後のきめ細かいフォロー
dodaでは面接で本来の自分を最大限にアピールするためのノウハウを転職のプロが直接アドバイスします!

詳しくはdodaに会員登録し、キャリアアドバイザーから話を伺ってみて下さい!

↓↓↓

転職成功の秘訣は【非公開求人】にあった!/DODAエージェントサービス

 

文系陰キャにおすすめな就職先と仕事探しの方法について最後に

今回は文系陰キャにおすすめな就職先と仕事探しの方法についてでした。

文系の強みを陰キャという要素が打ち消してしまうため、結果的に就職活動で詰むはめになってしまうことがあるかもしれませんが、日本では仕事は山のようにあります。

新型コロナウイルスの影響で不景気になっているとはいえ、仕事そのものが無くなってヒマになってしまっているわけではないのです。

なんだかんだ言って人手不足が長期的に続いている業界が多いため、文系陰キャというだけで詰むことはないです。

それに近年では国や企業が就職支援を行ってくれたり給付金を出してくれたりする制度もあるため、未経験の方でもチャレンジしやすい時代となりました!

文系陰キャな人でも就職できる兆しはありますので、詰むことなく頑張って下さい!