天体・星

初日の出 方向・方角アプリの紹介!時間も分かるので便利!

こんにちは、プロキオンです!

もうすぐ2020年が終わり、2021年に切り替わろうとしていますね。

元旦には早朝から初日の出を見に行く方も多いと思います。

そして初日の出を写真に収めたい、SNSに投稿したいと考えている方もいると思います。

その場合には、前もって初日の出の時間や方角を把握しておき、ある程度の下準備くらいはしておく必要があります。

そこで今回は初日の出を見に行く時に便利なスマートフォンアプリを紹介したいと思います。

初日の出の方向・方角・時間を確認できるスマホアプリ

スマートフォン用アプリ「日の出、日の入り」

全国のスポットで何時何分に、どの方角で初日の出を見られるかを簡単に調べられるスマートフォン用アプリ「日の出、日の入り」です。

first-sunrise-appicon2.png

引用元:GooglePlay

そのまんまのネーミングですが、使い方がシンプルで、ちゃんと日本語で表示されるので分かりやすく、iPhone / Android共に対応しているのでインストールしておくと便利です。

日付と場所を指定して調べられるので、事前の調査にも、当日のチェックにも活用できます。

販売元Oceano Inc.
対応OSiOS 12.0およびwatchOS 6.2以降
Android 5.0 以上
価格無料(広告を削除する場合は250円の課金が必要)

 

「日の出、日の入り」アプリの使用例

iPhone Xsを例に紹介していきます。

下の【写真1】のように日の出、日の入りアプリを起動させるとマップ上に現在の日時と位置が表示されます。

GPS機能をONにしていれば自動的に今いる場所にセットされます。

通常の地図と同様で上が北、下が南、右が東、左が西になります。

また、その場所の緯度・経度・標高と、その日時の日の出・日の入、月出・月没の時間が表示されます。

オレンジのラインで日出と日没の方向(方角)が示され、黄色のラインで月出と月没の方向(方角)が示されます。

【写真1】

first-sunrise-application07a.jpg

 

下の【写真2】のように▲のマークで、指定した時刻の太陽と月がある方向・方角を示します。

また、画面中央の辺りにあるスライダーエリアをスライドさせると、セットした日付の中での時間(時:分)を変更することができ、右ボタン・左ボタンをタップすると日付を1日ずらすことができます。

【写真2】

first-sunrise-application07c.jpg

 

画面のマップを指で動かしていき、日の出・日の入、月出・月没を知りたい場所をタップすると、その場所にセットされます。

下の【写真3】では例として東京アクアラインにある「海ほたる」にセットしました。

【写真3】

first-sunrise-application08.jpg

 

画面下にある時計のマークをタップすると日付を変更することができます。

例えば2021年の初日の出について調べたい時は【写真4】のように「2021年1月1日」にセットし、「変更」の所をタップします。

【写真4】

first-sunrise-application11.jpg

 

 

日付を変更すると、【写真5】にあるようにセットした日時の太陽と月の情報が表示されます。

【写真5】

first-sunrise-application09.jpg

 

更に画面下の左から2番目の矢印のマークをタップすると、【写真6】のように画面右上に方位磁針のマークが表示され、スマートフォンを動かすと、連動して画面のマップが回転するようになり、いま自分がいる場所の方角が分からなくても、今いる位置から実際の日の出・日の入、月出・月没の方角が分かるようになります。

【写真6】

first-sunrise-application10a.jpg

 

一応、海外にも対応しているみたいですが、試しに南半球の場所にセットしてみたら明らかに間違った方角を指し示したので、海外で使用する場合は注意が必要になるかもしれません。

 

星座アプリで初日の出の方向・方角を確認する方法

スマートフォン用アプリ「星座盤」

先ほど紹介した日の出・日の入りを知るためのアプリとは別に「星座盤」というスマートフォン用アプリがあります。

planisphere-application.png

引用元:GooglePlay

本来は星座を見つけるためのスマートフォン用アプリですが、先ほど紹介した「日の出、日の入り」ですと、太陽や月が地平線(又は水平線)より下にある場合、具体的な場所が分かりません。

一応、方角は示されますが、日の出前からスタンバイして待っていると太陽が今、地面下の、どの辺りにあるのか気になると思います。

また、日の出を待っている間の暇つぶしとして星空を眺めるのも良いと思います。

そんな時に重宝すると思いますので、一緒にインストールしておくと良いと思います。

販売元siranet
対応OSiOS 11.4以降。iPhone、iPad、およびiPod touchに対応
Android 4.2 以上
価格無料(広告を削除する場合は1ヶ月200円の課金が必要)

 

スマートフォン用アプリ「星座盤」の使用例

【写真7】のように、空にある星や星座だけでなく、地面の下にある星や星座を確認することもできます。

勿論、地平線や東西南北も表示されますし、スマートフォンを動かすと連動して画面も動きます。

この星座アプリを応用して太陽の現在位置を把握することで初日の出の方向(方角)を知ることもできますし、かなり早い時間からスタンバイしている時の暇つぶしとして星空観賞をする時にも役立つと思います。

【写真7】

planisphere-application2.jpg

 

まとめ

2021年の元旦に向けて、初日の出を見に行く時に役立ちそうなスマートフォン用アプリを紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

普段、太陽が昇る方向や方角を意識しないで場所を選んでしまうと、いざ初日の出を見に行った時に方向が逆だったなんて失敗をしてしまう可能性があると思います。

僕が体験した出来事では過去に、友人に初日の出を見るため静岡県の、とある海沿いに連れて行かれたことがあるのですが、その海沿いは西側を向いている場所でした。

友人に「この場所じゃ逆じゃない?」

って言ったら、その友人は

「いや・・・そんなはずは・・・。」

と自信なさそうに答えました。

そして、しばらく時間が経過すること、海側とは真逆の方向の空が明るくなり、僕の予想通り反対側から日の出が起きました。
(´・ω・`)

そんなことにならないようにするためにも今回、紹介したスマートフォン用アプリをインストールし、事前に下調べをしておくことをオススメします!

また、iPhoneで初日の出を綺麗に撮影する方法や便利なアイテムの紹介記事もありますので、よろしければ合わせて読んでみて下さい。
↓↓↓
初日の出をiPhoneで撮影!綺麗な写真の撮り方の紹介!